Huaweiは先月最新のフラッグシップモデル「Mate20」シリーズを発表し、既に多くの地域で販売が開始されている。

「Mate20」シリーズには7nmプロセスの「Kirin980」チップセットや、トリプルカメラ、ディスプレイ内指紋認証、そしてより大きなバッテリー容量等、様々な点で注目を集めているデバイスだ。

Huawei「Mate20」と「Mate20 Pro」と「Mate20X」は何が違う?スペックや特徴の違いについて

2018.10.17

しかし現在ハイエンドモデルとなる「Mate20 Pro」を中心にディスプレイの色が変になる不具合が多く報告され始めている。

「Huawei Mate20 Pro」のディスプレイが緑色に変色する画面の不具合

「Mate20 Pro」を中心に発生している不具合がどのような症状なのかは画像を見てもらえれば一目瞭然で、文字通り画面が緑色に変色してしまうというものだ。

この不具合はHuawei UKのフォーラムを含む多くのフォーラム報告されているものだが、ユーザーによると、この不具合は暗い背景やコンテンツを見る時により顕著に認識することができるようだ。

別のフォーラムのユーザーからの報告ではHuaweiがディスプレイに使用する接着剤に原因があるのではないかという指摘もある。

多くのユーザーの報告によるとこの不具合が発生しやすいのはLG製のディスプレイを搭載している「Mate20 Pro」のようだ。

「Mate20 Pro」にはLG製と中国のBOE製のディスプレイのどちらかが搭載されている。

Huawei UKのコミュニティフォーラムマネージャーが以下のように伝えている。

「Mate20 Pro」は業界をリードするフレキシブルなOLEDスクリーンを使用しており、視覚体験と持ちやすさを向上するための特殊なカーブエッジデザインを採用しています。
そのため、見る角度や非常に暗い場所ではわずかに変色を引き起こす可能性があり、画面の明るさが低すぎる場合や暗い色の壁紙を使用している際に違いが誇張される可能性があります。
この色味が通常使用に影響を与える場合はカスタマーサービスセンサーまでお持ち下さい。

(原文)The Mate 20 Pro uses an industry-leading flexible OLED screen featuring special design curved edges for an enhanced visual experience and holding comfort. This may lead to slight discolouration when viewed from different angles. In extremely dim lighting conditions, when the screen brightness is too low, or when using dark wallpapers, these differences can be exaggerated. If the colour cast affects your normal use, take your phone to an authorized Customer Service Center for assistance.

source:Huawei UK Community

ということで、Huaweiの見解ではこの緑色になってしまうのはディスプレイの仕様で”不具合”ではなく仕様であるという認識のようだ。

「Mate20 Pro」でディスプレイの色が緑色に変色する報告数やその度合い、そして2つのサプライヤーの内明らかにLG製のものに不具合報告が集中していること等から、Huaweiが対処すべき重要な不具合であることは明らかだ。(LG製のディスプレイ品質…)

[via Android Community]

Wonder-Xの最新情報をチェックする