「A12 Bionic」と「Snapdragon855」と「Kirin980」のベンチマークスコア比較!【7nm】

先日Appleが発売した「iPhone XS」や「iPhone XS Max」、そして10月の発表が予定されているコスパに優れた「iPhone XR」には「A12 Bionic」という優れたチップセットが搭載されている。

この「A12 Bionic」はベンチマークや、スピードテストなどから、現時点で最も優れたチップセットであることは間違いない。

「A12 Bionic」には7nmプロセスが採用されており、現在市場に出回っているクアルコムの「Snapdragon845」には10nmプロセスが使用されている。結論から言うとこのプロセス数が小さければ小さいほど性能が良いと考えてもらえば良いのだが、現在は「A12 Bionic」が唯一の7nmプロセスのため、自然と最も優れたものになっている。

しかし7nmプロセスを使用する予定のチップセットは「A12 Bionic」だけでなく、クアルコムの「Snapdragon855」やHuaweiの「Kirin980」にも使用される予定だ。

そこで現時点で観測されているこれら3つのベンチマークを簡単にまとめてみたいと思う。

「A12 Bionic」は既に発売されている「iPhone XS」などに搭載されているが、「Snapdragon855」や「Kirin980」は現時点では開発中であり今後、パフォーマンスが変動する可能性がある。

10/9日追記分

Geekbenchのスコアリークに続いて、現在「Kirin980」のAnTuTuスコアに関しても明らかになっている。

「Huawei Mate20」に搭載される「Kirin980」のAnTuTuスコアが明らかに - 「A12 Bionic」や「SDM845」と比較

2018.10.09

Apple「A12 Bionic」 vs クアルコム「Snapdragon855」 vs Huawei「Kirin980」

これら3つのチップセットのベンチマークはGeekbenchで観測されたもので、Ice Universeが伝えてくれている。

Apple「A12 Bionic」のベンチマーク

Appleの7nmプロセスを使用し、現在最も優れたチップセットとして君臨している「A12 Bionic」のGeekbench上のリストによると、結果は以下の通り。

シングルコアスコア マルチコアスコア
4,822 11,508

クアルコム「Snapdragon855」のベンチマーク

クアルコムの「Snapdragon855」は2018年末に発表される可能性が高いと言われており、2019年に発売される予定のSamsungの「Galaxy S10」への搭載が期待されている。

クアルコムが7nmプロセスを使用する最初の「Snapdragon855」の結果は以下の通り。

シングルコアスコア マルチコアスコア
3,469 10,259

Huawei「Kirin980」のベンチマーク

Huaweiの「Kirin980」チップセットも7nmプロセスを使用し、このチップセットは10月雨の発表が予定されている「Huawei Mate20/20Pro」に搭載される。

先日Huaweiは「Kirin980」がAppleの「A12 Bionic」よりも優れたものになると確信したと伝えていることから、期待が高まっているが、10月2日時点でのスコアは以下の通り。

シングルコアスコア マルチコアスコア
3,390 10,318

3つの7nmプロセスを使用するチップセットのベンチマークスコアを見てきたが、現状はAppleの「A12 Bionic」が最も優れたチップセットであることは揺るがないようだ。

特に発表までまだ時間の残されている「Snapdragon855」に関しては、パフォーマンスが変動する可能性が十分にある。

Appleの「A12 Bionic」がトップを走ることは明らかだが、「Snapdragon855」と「Kirin980」に関しては殆ど同じスコアだ。

また7nmプロセスを使用する予定のSamsungのチップセットとして「Exynos9820」があるが、現時点では情報が上がって来ていないため、比較することができなかった。

Appleのソフトウェアとチップセットは変わらず優れていることが分かるが、クアルコムやHuaweiが超えてくる日が来るのかとても興味深い。

  シングルコアスコア マルチコアスコア
A12 Bionic 4,822 11,508
Snapdragon855 3,469 10,259
Kirin980 3,390 10,318
[Ice Universe]