「OnePlus 6T」のベンチマークスコアがGeekbenchのリストより再度明らかに

「OnePlus 6T」は今月末に発表される予定で、これまでに多くの情報を見てきた。

先日は欧州最大の小売業者の1つ「Otto」に「OnePlus 6T」の商品ページが公開され、より正確性が高いスペックや価格などが明らかにされている。

「OnePlus 6T」の内部スペックは現行の「OnePlus 6」の多くを引き継ぐものになると言われているが現在「OnePlus 6T」のベンチマークスコアがGeekbench上で明らかになっている。

前回Geekbenchで見たモデルも「OnePlus 6T」と思われるが前回はモデル名が偽装されていた。今回見つかったモデルはそのままモデル名が「A6013」となっている。

10/30追記

公式発表された「OnePlus 6T」の特徴やスペック、パフォーマンスについて

「OnePlus 6T」の特徴やスペックまとめ - 販売価格や日本取り扱いについて

2018.10.30

「OnePlus 6T」発表直前にGeekbenchでベンチマークスコアが明らかに

冒頭で述べた「Otto」の商品ページには「Android 8.1 Oreo」が搭載されていると記載されていたが、それ以外でこれまでに見てきた情報の殆どは「Android 9.0 Pie」がインストールされている予定だと伝えられており、今回のGeekbenchでも「Android 9.0 Pie」がインストールされているようだ。

また、「OnePlus 6T」には引き続きクアルコムのSnapdragon845を搭載し、メモリは今回のリストでは8GB搭載されている。メモリに関してはいつものように6GBと8GBから選択可能なはずだ。

Geekbenchのスコアによると「OnePlus 6T」はシングルコアスコアが2387、マルチコアスコアが8925となっており、前回より最適化が進んだからか、ややスコアが向上している。

他にもこれまでにみてきた「OnePlus 6T」のスペックなどは以下の通りだ。

寸法 157.5 x 75.7 x 8.2mm
ディスプレイ 6.4インチ Optic AMOLED
解像度・アスペクト比 2340×1080(FHD+) / 19.5:9
CPU クアルコム Snapdragon845
メモリ 6GB/8GB
ストレージ 64GB/128GB/256GB
バッテリー 3700mAh
リアカメラ 16MP+20MP
フロントカメラ 16MP
OS 「Android 9.0 Pie」をベースとした「OxygenOS」

「OnePlus 6T」は日本時間10月30日午前0時に開催されるイベントで発表される予定で、当日はいつものようにYouTubeでも配信が行われる予定だ。

[source Geekbench] [via Geeky Gadgets]