Samsungは「4x fun」と題した新しいGalaxyデバイスの発表イベントを今月、開催することが明らかになっているが、このイベントで発表するイベントは「Galaxy A9」だと呼ばれている。

「Galaxy A9」の最大の特徴はなんと言ってもリアのカメラが4つ搭載されるという点だが、最新のレポートで、このスマホのスペックとカメラの詳細が明らかにされている。

「Glaxy A9」のスペックについて

「Galaxy A9」には6.28インチのFHD+(2220×1080)解像度が採用され、ディスプレイパネルにはいつものSuper AMOLEDになると言われている。

また、このディスプレイは現在のスマホの主流になっているようにベゼルレスデザインを意識したものになるようだ。

「Galaxy A9」はミドルレンジモデルのスマホになると言われているため、チップセットにはクアルコムの「Snapdragon660」が搭載されるという。

メモリ容量は、ミドルレンジモデルもフラッグシップモデルも殆ど変わりがないようで、6GBになり、ストレージはいくつかの選択肢が設けられる可能性が高いが、少なくとも128GBは用意されるようだ。

また、Samsungのスマホには他のスマホと違い変わらずmicroSDカードによる拡張をサポートしているが、「Galaxy A9」でも同様に最大512GBまでサポートするmicroSDカードスロットが用意されると見られている。

残念ながら「Galaxy A9」にはディスプレイ内指紋認証技術は使用されないと見られ、以前にレンダリング画像を見たときもそうであったように背面に指紋認証センサーが搭載されている。

バイオメトリクス認証として指紋認証の他に、顔認証と虹彩認証を組み合わせたインテリジェントスキャン、若しくは顔認証をサポートしているようだ。

バッテリー容量は十分すぎる3720mAhが搭載され、急速充電の「クイックチャージ2.0」をサポートし、ポートはUSB-Cが採用される。

ディスプレイ 6.28インチ Super AMOLED
解像度 FHD+(2220×1080)
チップセット クアルコム Snapdragon660
メモリ 6GB
ストレージ 128GB 他にも選択肢ある可能性高
バッテリー 3720mAh
OS Android 8.0 Oreo
ポート USB-C(クイックチャージ2.0対応)

「Galaxy A9」の4つのカメラの詳細について

「Galaxy A9」について興味を持っている人にとって気になるのはスペックもそうかもしれないが最も気になるのは間違いなくカメラについてのはず。

ここからはこのスマホのカメラの詳細を書いてみたい。あくまでもレポートベースであり、実際に発表されるものとは異なる可能性がある。

レポートによると、メインカメラには24MP(F/1.7)にOISが搭載され、2つ目のカメラは5MP(F/2.2)の深度センサーとして機能しライブフォーカス機能が搭載される。

3つ目のカメラは広角レンズとして機能し8MP(F/2.4)、最大120度まで対応する。

そんなにカメラいるのと言いたくなりそうな4つ目のカメラとして、2倍光学ズームとして機能しセンサーは10MP(F/2.4)になるようだ。

カメラの数=品質、だけでなく品質を向上させるものとして絶対的にカメラのソフトウェアが重要だ。

優れたソフトウェア、最近ではAIによる学習機能のおかげで、Huaweiの「P20 Pro」は現在最も優れたスマホカメラの品質を誇る。

SamsungにもAIベースの機能は存在しており、「Galaxy Note9」より実装された「Scene Optimizer」機能があり、先日発表されたミドルレンジモデル「Galaxy A7」にも実装されている。

そのことから、「Galaxy A9」にもこの機能が実装される可能性が高いと思われる。

あくまでもレポートベースの情報であるため実際にSamsungが「Galaxy A9」に搭載するカメラの詳細は異なる可能性があるが、10月11日に「4x fun」と題したイベントを開催する予定のため、もう間もなく全容が明らかになるはずだ。

[via AllAboutSamsung]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする