ASUSは8月初めに「Zenfone 5Z」向けにパノラマ機能をサポートや、システムパフォーマンスの改善などを含んだソフトウェアアップデートをリリースしていたが、現在ASUSは「Zenfone 5Z」向けに最新のソフトウェアアップデート(80.30.96.111)をリリースしている。

このアップデートは主にセルフパノラマモード機能が追加されており、これまでに報告されていた顔認証の不具合を修正するものも含まれている。

また、バッテリーのパーセンテージを調整するものや、イヤホンジャックの出力パフォーマンスを改善するという。

ASUSの公式フォーラム上では触れられていなかったが、このアップデートでは、2018年8月のAndroidセキュリティパッチも含まれており、「Zenfone 5Z」に標準でインストールされているカメラアプリで「Google Lens」が機能するようにもなるという。

ASUS「Zenfone 5Z」向けのアップデート(80.30.96.111)の変更点について

  • バッテリーのパーセンテージ調整
  • 顔認証によるロック解除の問題を解決
  • セルフパノラマモードをサポート
  • イヤホンジャックの出力パフォーマンスを改善
  • 標準のカメラアプリに「Google Lens」が統合
  • 2018年8月のAndroidセキュリティパッチ

恐らくこれ以上の変更点あり

ASUSの公式フォーラムで明らかにされているこのアップデートのリリースノートは簡易的な内容で、全ての変更点は明らかにされていないようだ。

そのため、上記のリストはXDA-Developersが明らかにしている「Zenfone 5Z」向け80.30.96.111アップデートの内容を記載している。

アップデートはいつものようにOTA経由でダウンロードすることができるため、すべてのユーザーに届けられるまでには数日から数週間かかることがあるだろう。

最新のセキュリティパッチも含まれているため、特別な理由がない限り最新のアップデートが届き次第インストールすることをオススメする。

[via XDA-Developers , ASUS]

Wonder-Xの最新情報をチェックする