先日Razerが公式に最新のゲーミングスマホ「Razer Phone2」を現在開発中であることを明らかにした。

そのため、これまでにこのスマホのデザインなどについては明らかにされていないが、先日Geekbench上で「Razer Phone2」と思われるスマホが見つかったことから、凡そのスペックが明らかになった。

そして今回、その情報の信憑性をさらに高める証拠の1つとして、今度はAnTuTuで「Razer Phone2」のベンチマークの結果が明らかになっている。

Geekbenchと異なり、AnTuTuのリストにはより細かくスペックが記されているため、新たにディスプレイなどの詳細についても明らかになっている。

「Razer Phone2」のスペックについて - 公式情報に基づく【10/12追記】

AnTuTuにて発見された「Razer Phone2」のスペックは正直サプライズのようなものはなかった。

主なスペックは以下の通りだ。

ディスプレイ 5.72インチ IGZO LCD 2560×1440 with 120Hz リフレッシュレート
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 845 with Adreno 630 GPU
メモリ 8GB LPDDR4X
ストレージ 64GB UFS + microSDカード(最大1TBまで対応)
ワイヤレス 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band (MIMO), Bluetooth 5.0
リアカメラ デュアルカメラ 12MP , 1.ワイドアングルカメラ OIS (f/1.75)搭載 , 2.ズームカメラ(2倍) (f/2.6)
フロントカメラ 8MP (f/2.0)
バッテリー 4,000mAh , Qualcomm Quick Charge 4+
寸法 158.5 x 78.99 x 8.5mm
OS Android 8.1
価格 $799 USD

チップセットはやはり事前情報通りクアルコムのSnapdragon845を搭載すると見て間違いないのではないだろうか。

855がまだ発表すらされていない以上仕方がない。

ディスプレイには2560×1440ピクセルのQHD+の5.72インチのIGZOディスプレイが搭載されるようだ。

また、ゲーミングスマホの特徴とも言えるディスプレイのリフレッシュレートは恐らく変わらず120Hzのままだ。(必要十二分)

興味深い点として、「Razer Phone2」はリアのカメラがデュアルカメラ構成になるようだ。

あくまでもこれらの情報はベンチマークの結果から基づいたものであり、公式情報ではない。

しかしながら比較的に信憑性は高いものと思われる。

デザイン面などがリークされるとまた一段と面白くなるのだが…

続報に期待したい。

[via MyDrivers]

Wonder-Xの最新情報をチェックする