MacGenerationによると、新しい「MacBook Pro 2018」を使用している一部のユーザーが、スピーカーからノイズのようなクラッキング音が発生する不具合が発生していることを報告した。

実際にノイズが発生している動画を見てもらえれば、どんな不具合が生じているかが分かるだろう。

この「MacBook Pro 2018」で発生しているノイズの問題は、iTunesや動画再生、ラジオなどあらゆる場面で発生すると言われており、BootCamp経由で動作するWindowsの実行時にも発生するという。

また、この不具合は「MacBook Pro 2018」の13インチ/15インチやプロセッサの選択によって回避できるわけではなく、どのモデルにも発生すると報告されている。

ノイズが発生すると再起動を行うことで一時的にノイズを抑えることができるが、しばらくするとまたノイズが発生するようだ。

また、スピーカーからノイズが発生するこの問題は「MacBook Pro 2018」だけでなく、「iMac Pro」からも同様の不具合が確認されているという。

深刻なことに、MacBook Proを交換しても、この問題は解決しなかったと伝えるユーザーもいるようだ。

現時点でAppleはこの問題について公式見解を明らかにしていないため、根本的な解決方法は不明なため、自分のデバイスが上記動画のように頻繁にノイズが発生する場合は、Appleに相談することがベストだろう。

[MacGeneration]

Wonder-Xの最新情報をチェックする