Appleは今年リリースする新型iPhoneは、6.1インチのLCDパネルを搭載するiPhoneと、5.8インチと6.5インチのOLED(有機EL)パネルを搭載するiPhoneの計3種類構成になると言われており、これまでに何度かレンダリング画像や、ダミーユニットの写真や動画を見てきた。

がぞー

Appleは現在デベロッパー向けに「iOS12 Beta 5」をリリースしており、その中から6.5インチのOLED iPhoneと思われるアイコンが見つかったことが明らかになった。

アイコンを発見したのはデベロッパーのGuilherme Rambo氏で、「PassKitUIFoundation」の中で見つけることができたという。

パット見で現行の「iPhone X」と同じように見えるかもしれないが、現行のアイコンと比較すると、今回見つかったアイコンは明らかにより縦長になっていることが分かる。

また、同氏は今回見つかったアイコンが、完成版のアイコンではないことや、アイコンが本来の大きさと比べて大幅に拡大されていることも付け加えた。

Wonder-Xの最新情報をチェックする