Appleは9月に最新のiPhoneを3種類リリースする予定で、その内の2つのモデルはOLED(有機EL)パネルを搭載すると言われており、1つのモデルはLCD(液晶モデル)になると言われている。

これまではどのモデルも9月内のリリースが期待されていたが、最新のレポートによると、6.1インチのLCDを搭載するiPhoneのみリリースが1ヶ月ほどおくれて10月リリースになる可能性があるという。

最新のレポートはAppleのアナリストである、モルガンスタンレーのKaty Huberty氏によるもので、6.1インチLCDパネルのiPhoneのリリースが遅れる原因は生産上の問題であるという。

生産の過程で問題が生じていると言われているパーツは、主にLCDのバックライトに関するものだという。

LCDモデルのiPhoneのリリース日が遅れるという報告はこれが初めてではなく、先月は同じくAppleのレポートで有名なMing-Chi Kuo氏も伝えていた。

Kuo氏が先月伝えたことによると、LCDモデルは10月リリースではなく、更に1ヶ月遅い11月頃のリリースになる可能性があると伝えていた。

リリースが遅れると思われるのは現時点でLCDのiPhoneのみであり、他の5.8インチ・6.5インチのOLEDパネルのiPhoneは9月内にリリースされると言われている。

2018年に最も販売台数が伸びるデバイスになると言われている6.1インチのLCD iPhoneだが、リリースの遅れによって様々な影響が出そうだが、Appleはこの問題を解消できるのだろうか。

[9to5Mac]

Wonder-Xの最新情報をチェックする