Appleは2018年秋ごろに新しいiPhoneをリリースすると言われているが、これまでの情報によると3つのモデルが用意されると言われている。

1つはiPhone Xのアップグレード版となるモデル。もう1つがiPhone Xよりも大きなディスプレイを搭載したiPhone X Plusと呼ばれそうなモデル。

そしてもう1つがコストパフォーマンスに優れたモデルとなると言われているLCD(液晶)パネルを搭載したiPhoneだ。

LCD iPhone Xはコレまでに聞いてきたところによると、当然ながら3つのモデルの中で最も安価なモデルとなると言われており、600ドルから700ドル辺りの価格帯になるのではないかと言われている。

2018年の新しいiPhoneのデザインは基本的に現在のiPhone Xに倣ったものになると言われており、大幅なデザインの変更は加えられないと見られている。

しかしLCD iPhoneに関してはどういったデザインになるのか不明な部分があったが、今回6.1インチのLCDパネルを搭載したiPhone Xと思われるデザインがケースメーカーのレンダリングから明らかにされている。

この写真は、LCD iPhone Xにケースを搭載したレンダリング画像のようだ。

特になんだこれは!?となるようなデザインではないが、この画像からわかることは主に2つだ。

1つはLCDのiPhone Xのリアカメラはシングルカメラで構成される可能性が高いということ。

そしてもう1つはコストパフォーマンスに優れたLCD iPhone Xにもノッチ(切り欠き)の存在が確認でき、同時にFace ID機能が搭載される可能性が高いということだ。

Appleが安価なモデルとなるLCDモデルにもFace ID機能を搭載する狙いは、AppleがiPhoneのシェアをより拡大するためだろう。

去年AppleはiPhone XでFace ID機能を初めて搭載したが、iPhone Xはコストパフォーマンスを重視するユーザーにはあまりに高価で、そういった層の食指を動かすことは出来なかった。

この点からもAppleの本当の狙いはスマホを比較的長い間使う層と、コストパフォーマンスを重視する層のシェアをも取り込めるようにするためではないだろうか。

2018年のiPhoneは様々なモデルを用意し選択肢を増やす他、カラーオプションも複数用意することでこれまで取り込むことの出来なかった層を取り入れることを期待しているのだろう。

Appleの新しいiPhoneは9月に発表することが期待されており、最新のチップセットやWWDC2018で発表された新しいiOS12の搭載が期待されている。

[FORBES]

Wonder-Xの最新情報をチェックする