AppleはiPhone、iPad、iPod touch向けに新しいiOS11.4.1をリリースした。

iOS11.4.1には主にバグの修正パフォーマンスの向上、そしてセキュリティパッチを含むアップデートだ。

AppleはiOS11.4.1のβテストをマイナーアップデートにしては比較的長い期間行い、ようやく正式版のリリースを迎えることが出来た。

このiOSアップデートは、iPhoneやiPad、そしてiPod touchの安定性を向上させる修正が含まれているため、特別な理由がなければ基本的にはアップデートを行うことを推奨する。

またAppleのUSB制限モードによって一時期話題となったデバイスのパスワードをパスするためのデバイスの使用を制限する。

iPhone Xで実際にiOS11.4.1を受信したときのリリースノートは以下の通りだ。

  • Find My iPhoneでAirPodの最後の場所を表示できない問題を修正しました。
  • メール、連絡先、メモをExchangeアカウントと同期する信頼性を向上

Appleの新しいiOS11.4.1ソフトウェアアップデートは、OTA経由で適用することや、iTunesから行うことも可能だ。

OTA経由でソフトウェアアップデートを行う場合は、適用するデバイスに50%以上バッテリーが残っていることを確認してから行うべきだろう。

また可能であれば充電しながら行うことをオススメする。

アップデートを確認するには【設定】→【一般】→【ソフトウェアの更新】と進むことで最新のソフトウェアアップデートを確認することができるだろう。

Wonder-Xの最新情報をチェックする