Samsungが近い内に発表しようとしているデバイスの中の1つに新しいスマートウォッチがある。

このSamsungのスマートウォッチは「Gear S4」と呼ばれ、ここ数週間様々なリークが行われている。

【Galaxy Watch】最大7日持続する大容量バッテリーやLTEモデルを持って生まれ変わる!

2018.08.10

Gear S4に関する情報が出始めた初期段階はGear S4はこれまでと違い、SamsungのTizen OSを搭載するのではなく、GoogleのWear OSを搭載すると言われてきた。

そして、GoogleのWear OSを搭載することでGear S4と名付けられるのではなく、Galaxy Watchと名付けられるという風に伝えられてきた。

しかしこの情報は間違いで、実際にはWear OSを搭載せず引き続きTizen OSを搭載するという説が有力になり、名称も「Gear S4」になる可能性が高いと言われ、今日の報告が行われるまで、その前提で様々な情報が伝えられてきた。

そして現在これまでの情報を覆し、我々を戸惑わせる新たな情報が入ってきた。

Samsungの新しいスマートウォッチ「Gear S4」に関する新たな情報を報告したのは精度の高いリークで有名なIce Universeからのものだ。

この報告によると、Samsungは結局新しいスマートウォッチを「Galaxy Watch」と名付けるという。

これはつまりGoogleのWear OSを搭載するということを意味している。

またGear S4(Galaxy Watch)には現在のGear S3の380mAhのバッテリーと比べてより大きな470mAhのバッテリーが搭載される可能性が高い

またチップセットにはクアルコムの未発表の新しいWearチップセットを搭載することが期待されているが、クアルコムの新しいWearチップセットの発表前にSamsungがGear S4を発表する可能性もあるだろう。

この場合は最新のWearチップセットは搭載されず、現在のWearチップセットが搭載されると思われる。

また新しいUXについての報告もあるが、実際にどういった動きを持ったスマートウォッチになるのかについては分からない。

Samsungのスマートウォッチは基本的に回転式のベゼルを操作して、様々な操作を行うことができるが、新しいGear S4(Galaxy Watch)がどういう操作感になるのかは現時点では不明だ。

そして報告の最後にGear S4は血圧測定機能を持っていることについて触れているが、これもどういうタイミングで使われるものなのかは不明だ。

これまでの報告によるとSamsungは8月31日から開催されるIFA2018で新しいスマートウォッチ「Gear S4(Galaxy Watch」を発表すると言われている。

イベントまで残り2ヶ月ほどだが、イベントが近くなるに連れて様々な報告が活発になってくるだろう。

新しい情報が入り次第直ぐにWonder-X.jpでお知らせしたいと思う。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする