FacebookはMessengerに届いたコメントを自動的に翻訳できる機能を実装する。

CNETによるとFacebookの自動翻訳のこの機能は米国とメキシコで展開され、初期段階では英語とスペイン語の翻訳がサポート言語となるようだ。

FacebookがMessengerに実装する自動翻訳のこの機能はM Translationsと呼ばれ、今年のF8 Conferenceで発表された。

M Translationsは既にFacebookのMessengerに組み込まれている翻訳機能と同様の仕組みで動作するという。

つまり、英語を話すユーザーがスペイン語でメッセージを受け取った場合、Messengerは受け取ったメッセージを翻訳するために自動でプログラムを実行する。

当然、スペイン語を話すユーザーが英語でメッセージを受け取った場合、英語→スペイン語へと自づで翻訳することが可能だ。

Facebookは近いうちに英語やスペイン語だけでなく利用可能な言語を拡大しようとしている。

まずは米国とメキシコ向けに展開し、最終的に日本語→英語、英語→日本語も翻訳できるようになることを期待したい。

[CNET]

Wonder-Xの最新情報をチェックする