Huaweiの最新のフラッグシップモデルP20 Proは、最新のアップデート「B131」で、カメラに関する改善と最新の6月のAndroidセキュリティパッチ、そしてその他様々なパフォーマンスの改善が行われるようだ。

このアップデートで最も大きな変更点は、Huaweiがスーパースローモーション動画撮影の自動機能を追加したことだ。

これはSamsungのGalaxy S9/S9+のように、Huawei P20 Proも自動で動きを検出し、スーパースローモーションモードで自動的に録画を開始できるということだ。

これまでP20 Proのユーザーは手動で撮影ボタンを押す必要があった。

HuaweiのP20 Proは今年3月にパリで行われたイベントで発表された。

スマホがトリプルカメラで構成されていることに加えて、960fpsのスローモーションの撮影機能について、イベント中何度となくその言葉が出てきた。

依然としてHuaweiはこの機能をよりよいものとするためにアップデートで調整を重ねているようだ。

最新のアップデート「B131」には、スーパースローモーションの動画撮影以外にもカメラアプリに様々な変更が加えられている。

ズームボタンがディスプレイの下側に配置され、より簡単にズームを行いやすくなった。

またポートレートモードもこのアップデートで改善されていると伝えられている。ユーザーみんなが気づくレベルなのかは分からないが。

このアップデートには6月のAndroidセキュリティパッチも含まれている。

B131アップデートはそれだけでなく、長時間使用時の電力消費を最適化し、システムのパフォーマンスと安定性を改善することで、操作をよりスムーズにする。

また壁紙の表示を最適化してユーザーエクスペリエンスを向上させる。

Googleアシスタント使用して、通話に応答すると相手の声が遅れて聞こえてしまう問題もこのアップデートで改善されるという。

さすがは最新スマホのアップデート。1つのアップデートのボリュームが凄い。

B131アップデートはOTA経由でユーザーのHuawei P20 Proに届けられるようだ。

すべてのユーザーにこのアップデートが届くには数日から数週間かかることがあるので、気長に待ってもいいだろう。

設定】→【端末について】→【ソフトウェアアップデート】で今すぐアップデートを受信することができるかどうかも確認することができる。

[XDA Developers]

Wonder-Xの最新情報をチェックする