Samsungが折りたたみ式のスマホを市場に投入する計画に関する噂は、何度となく浮かんでは消えを繰り返してきた。

そして現在浮かんでいる有力な情報では、SamsungはMobile World Congress(MWC)2019で折りたたみ式のスマホを発表するという。

ネットではSamsungの折りたたみ式のスマホをSamsung Galaxy X(Foldable Smartphone)と呼ばれている。

そして先日Samsungの実際に発表されなかった数年前の折りたたみ式のスマホの画像がリークされた。

この折りたたみ式のスマホは「Project V」と呼ばれ、モデル番号はSM-G929Fと名付けられている。

このコンセプトスマホが作られたのは2015年-2016年頃と見られている。

モデル番号から推測するに実際にリリースされているGalaxy S6 Edge(SM-G925x)とGalaxy S7(SM-G930x)と同時期のものだろう。

目を凝らしてみると、Google Playストアのアイコンが昔のものであることも確認できる。

写真を見て分かるように、この時点での折りたたみ式のスマホは明らかに2つの別々のディスプレイが搭載されている。

これはSamsungが数年前に取り組んでいたものであることから、MWC2019でローンチされる予定のGalaxy Xのデザインはこれとは大きく違うと思われる。

この時点での折りたたみ式のスマホはディスプレイが2枚搭載されている、という雰囲気だがGalaxy Xにはよりシームレスな1つのディスプレイで構成されていることが期待されている。

MWC2019で発表する予定の折りたたみ式スマホ「Galaxy X」は別の情報によると2000$、つまり20万円を超えるものになるかもしれないと伝えている。

いくら高くても1500$程に納めないと、いくら良い製品であっても多くのユーザーを取り逃してしまう。

変態だけが持てるデバイスにしてしまうのはあまりに勿体ない。

Galaxy S10/S10 PlusやGalaxy Xに関する情報は年後半に連れて少しずつ増えてくると思われる。

新しい情報が入り次第当サイトでも取り上げたいと思う。

[@MMDDJ_/Twitter]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする