Samsungが以前よりディスプレイの下に指紋認証センサーを搭載する技術を開発していることは明らかになっていたが、現在ではAppleも超音波ディスプレイで指紋認証をディスプレイ上で行うことを検討しているという。

Appleがディスプレイ上で指紋認証センサーを搭載する技術を開発していることについての情報はSamsungと比べて圧倒的に不足しており、不明な部分がかなり多い。

韓国のあるメディアによるとAppleはiPhone Xより廃止したTouch IDへの回帰を検討しており、その際にはディスプレイ上で指紋認証センサーを搭載することを検討しているという。

Appleが実際にTouch IDへの回帰をするのかどうかについては一旦置いておいて、回帰するとなった場合、これまでの技術を使用すると、ディスプレイ下部に余分にスペースを設けなくてはならなくなる。

これは現在のスマホの流れとも言えるベゼルレスデザインに逆らうことになる。

その点からも回帰するとしても、あくまでベゼルレスデザインを保つだろうということは想像しやすい。

Touch IDをスマホフロント部に搭載するというのあればこの噂は現実味を帯びてくると言える。Galaxyの様に背面という選択肢もある。

Appleが超音波による指紋認証機能を実現するというのはSamsungとの競争激化という面で個人的には見てみたい気もするが、実際はどうだろうか。

Appleは既にFace ID技術の実現に多額の投資を行っており、これを直ぐに手放すというのはあまりに現実的ではないように思える。

少なくとも2018年にリリースすると言われている3つのiPhoneは全てiPhone Xに倣ってFace ID技術を搭載しTouch IDへの回帰は見送ると考えるのが自然だ。

この技術搭載されるというのであればSamsungが同じような技術を搭載すると言われているGalaxy S10にぶつけてくるのではないだろうか。

SamsungのGalaxy S10は2019年のCES 2019でローンチされると言われているが…

もしかすると2019年にリリースするiPhoneでは今とはまた違ったデザインを見ることができるかもしれない。

だがしかし先ずは2018年にリリースする3つのiPhoneに注目するほうが賢明だろう。

[chosun.com]

Wonder-Xの最新情報をチェックする