XiaomiがリリースするフラッグシップモデルのXiaomi Mi8の発表と同時にリリースすると言われているスマホがある。

それはXiaomi Mi8 SEと現時点では呼ばれている。正式なネーミングについては良くわからないが、すぐに明らかになるだろう。

Mi8 SEと聞くと、iPhone SEのような小さいモデルなのかと思うが、Mi8 SEはフラッグシップモデルMi8よりもコストパフォーマンスを重視したモデルであると伝えられている。

Mi8で特徴的な機能はAppleのFace IDのような3D顔認証機能や、ディスプレイ上での指紋認証等があるが、3D顔認証機能がMi8 SEに搭載されるかどうかは明らかではない。

少なくともディスプレイ上で指紋認証を行う機能はMi8 SEに搭載されると言われている。

また、Mi8はフラッグシップモデルと呼ばれるだけあり、Snapdragon845が搭載されると言われているが、Mi8 SEにはSnapdragon710が搭載されるという。

Snapdragon700シリーズは高性能ながらコスト的に優れている。個人的にコスパに振るなら600シリーズでも良いんじゃないかとは思うのだが、そこはXiaomiの戦略があるのだろう。

とはいえ、Xiaomiはフラッグシップモデルもコストパフォーマンス的には他のフラッグシップモデルと比較しても明らかに優れている。

チップセットに高性能なものを使用しても安価に生産できる体制が整っているということだろう。

更にリークされているMi8 SEに関する画像によると、Snapdragon710を搭載していることに加えて、デュアルカメラで構成されている事もわかる。

Mi8 SEのメモリには4GB6GBのモデルが販売される予定としており、ストレージは64GBからのようだ。

ストレージは他のモデルが存在するのかは明らかになっていないが、Mi8の兄弟モデルとなるとmicroSDのような拡張ストレージはサポートされないかもしれない。

XiaomiのMi8とコストパフォーマンスを重視したMi8 SEは5月31日に発表される予定だ。

もう間もなく全容が明らかになる。

[Slashleaks]

Wonder-Xの最新情報をチェックする