バイオハザードシリーズの最新タイトル「バイオハザード7」が世界中で510万本以上の販売を達成し、最近カプコンがリリースしたゲームの中で最も成功したゲームの1つとなった。

プレスリリース冒頭

株式会社カプコンは、プレイステーション®4、Xbox OneおよびWindows PC向けゲーム『バイオハザード7 レジデント イービル』(以下『バイオハザード7』)が、2018 Game Audio Network Guild Awards(以下G.A.N.G.アワード)のBest VR Audio部門にて最優秀賞を獲得しましたのでお知らせいたします。

この度最優秀賞を獲得した『バイオハザード7』は、シリーズのルーツである「恐怖」をメインコンセプトとし、PlayStation®VRに完全対応したタイトルです。没入感溢れる恐怖体験を提供するため、従来の三人称視点から一人称視点へゲームシステムを革新するなど、ホラーに焦点をあてた大幅なモデルチェンジを行ったことで、全世界で510万本(2018年3月31日時点)の販売を達成しました。なお、2017年12月に『バイオハザード7』本編と有償ダウンロードコンテンツをセットにした『バイオハザード7 レジデントイービル ゴールドエディション』を発売しています。

カプコンはプレスリリースで上記のように510万本の販売を達成しGANG2018のBest VR Audio部門で最優秀賞を獲得したことを報告した。

プレスリリース一部抜粋
『バイオハザード7』のサウンド制作では、恐怖を引き立たせる環境音や、敵キャラクターの特徴を際立たせる効果音を生み出すため、更には楽曲制作においても、社内に完備するフォーリーステージを活用しました。また、音色のレイヤー化やエフェクトコントロールを容易にするため、NATIVE INSTRUMENTS Kontaktのエンジンで動作する音色作成ツールREMM(Resident Evil Music Module)を自社で開発するなど、当社が志す「世界一面白いゲーム作り」のため、常に最先端の開発環境を整備しています。なお、2018年4月には、自社開発拠点への2基のサウンドスタジオ新設により、3Dオーディオ制作と精緻な音調整が可能となるなど、さらなるゲーム音楽のクオリティアップに努めてまいります。

バイオハザード7は世界中でPC版、PS4版、それにXbox One版がリリースされている。

バイオ7は気味悪さも凄くて1人ではやりたくなかった、それぐらいホラー要素が強かった。

トラウマシーンは細い隠れ道。この2つキーワードでどのシーンかはプレイした人ならわかると思う。

完全にムカデ。四方八方ムカデ。VR版バイオ7であのシーンプレイしてたらしばらく全身痒くなりそう

バイオ7のVR版は人によって酔いやすい傾向にあるみたいだから、ゲーム酔いに弱いな…と自覚のある人は普通版をプレイしよう!

FPSのように流行り廃りとか関係なく、ストーリーやアクションを楽しむゲームだから、今からやっても十二分に楽しめる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう