Appleは2020年頃からMacに使用するCPUをIntelのCPUからApple自社のCPUに置き換える計画であることを明らかにした。

ブルームバーグの新しいレポートによると、AppleはMacに使用しているIntel製のCPUから自社開発のCPUに置き換えてMacを開発・販売していくようだ。

現在Macには様々なバリエーションがあるが、Apple製のCPUに切り替えていくのは恐らく12インチのMacBookから始まる可能性が高いとしている。

この発表が行われた直後Intelの株価は一時下落した。ブルームバーグはAppleがIntelの年間収益の約5%相当を寄与していると見積もっている。

Appleの主要なCPUの置き換えは2005年にIBMのPowerPCチップからIntel製のものに置き換えたことがある。

この時はスティーブ・ジョブズ氏がこれを発表し、この年の終わりまでにIntel製のCPUへと置き換えられた。

この時の流れのようにブルームバーグは段階的な移行が必要だと述べている。

AppleがMacBookに使用するCPUをIntel製のものから自社のものへと置き換えると決定したのは、iPhoneやiPadのようなiosデバイス、Apple Watch、それにApple TVに内蔵してきたARMベースのCPUのここ数年に渡る急速な改良と進化が背景にあると思われる。

特に最新のiPhoneやiPadは過去のMac製品を凌ぐほど強力なものへと進化している。

将来Macを自社のチップセットで設計することは、Appleが新しい製品をリリースする時の柔軟性を増すことに繋がり、同時にセキュリティのさらなる強化に繋がる。

Wonder-Xの最新情報をチェックする