Appleに関するリークや予測で有名なKGI証券アナリストのMing-Chi Kuo氏は、Apple Pencilの出荷台数が今年は倍増するという報告書を発表した。

 

Kuo氏は最終的にiPhoneがApple Pencilに対応する可能性があると考えているが、来週発表予定の新しい9.7インチiPadがApple Pencilに対応する可能性はもっと高いと述べた。

Appleは今の所9.7インチのiPad Pro、10.5インチのiPad Pro、それに12.9インチのiPad ProでApple Pencilに対応している。

 

Apple Pencilを使って描かれたようなAppleロゴを含む今度のEducation Eventの招待状から新しいiPadがApple Pencilに対応するとよいう予測されていた。

 

Kuo氏は新しいiPad Proが今年発売される予定ではないため、上記イベントで発表予定の9.7インチのiPadが2018年のiPad売上の70%を占めることになるだろうと予測している。

同時に新型iPhoneでもApple Pencilに対応するようにするだろうが、その対応が今年であるとは考えていないようだ。

 

[9to5Mac]

Wonder-Xの最新情報をチェックする