HTC U11が販売され始めてからそろそろ1年が経つ。それはつまり、新しいスマホのリリースが間もなくという事だ。

新しいスマホはHTC U12と呼ばれ「Imagine」というコードネームを持つと言われている。

HTC U12 Plusのローンチイベントが5月23日に行われることが公式によって明らかに!

2018.05.04

約1ヶ月前に行われた5G関連イベントで公式にHTC U12の存在は確認されていたのだが、今回HTC関連のリークに実績を持つROM開発者のLlabTooFer氏は、UTC H12の詳細なスペックについてTwitterで明らかにした。

 

このツイートされたリストを見てみるとディスプレイには5.99インチのQHD+が搭載されてアスペクト比は最近の流行である18:9のようだ。

QHDについて良くわからないという方はこちらの記事を参考にしていただきたい。

 

Galaxy S9 / S9 PlusにSnapdragon 845が搭載されることが明らかになったが、HTC U12にもSnapdragon 845が搭載される見通しのようだ。

HTC U11ではRAM設定には4GBと6GBの2つのバリエーションがあったが、HTC U12ではどうやら6GBモデル設定のみのようだ。

カメラも最近のフラッグシップモデルには主流になってきたデュアルカメラが搭載されると見られており、その詳細についてはあまり明らかになっていないが、Sonyの12MPセンサーと16MPセンサーが使われ、フロントカメラには8MPを搭載するようだ。

バッテリーは3,420mAhと見られており、HTC U11から420mAh増加している。これは単純に筐体が大きくなったからか。

防水機能はIP68に準拠するとのこと。

HTC U12はリリース時点でAndroid 8.0 Oreoだと言われている。

HTCの特徴的な機能といえばEdge Senseがあるが、HTC U12にも当然搭載されるだろう。Edge Senseについては後述する。

HTC U12にもFace Unlock機能があるようだ。

そしてツイートの最後の部分を読んでも分かるように、HTC U12にはシングルSIMバージョンデュアルSIMバージョンの2つのバリエーションが用意されるようだ。

これは自身の使い方が明らかなユーザーにとってお得になるのではないだろうか。

 

いつ頃リリースなの?と言う質問については4月頃になるだろうと答えている。

タイミングとしてはバルセロナで行われたMobile World Congress 2018があったが、Galaxyの新シリーズの発表に埋もれることを嫌ったためだと思われる。

 

そもそも「Edge Sense」って何?

 

そもそも「Edge Sense」ってなんやねん…って人は以下の動画を見てみて欲しい

 

 

動画のように「Edge Sense」はスマホの側面に搭載された圧力センサーを利用して本体の側面を”握る”動作だけでアプリ等をダイレクトに起動することができる機能だ。

 

通常画面をタップしてアプリ等を起動する。このタップも直感的な操作なのだが「Edge Sense」は更に直感的に握る動作でアプリの起動をできるのだからよりスムーズにスマホをコントロールすることができる。

 

色々な会社から新しいスマホが出る時期で、次期スマホを何にするか迷っている人には悩ましくも楽しみな次期なので、先ずは11月2日のHTCの新製品発表イベントを楽しみにしたい。

Wonder-Xの最新情報をチェックする