Samsungのクラムシェル型折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip」は2月11日に開催されるイベントで正式に発表される予定。

既に実機画像やカメラ機能に関するリークが行われており、先日はこのスマホに「Snapdragon865」ではなく「Snapdragoon855」が搭載されることなども明らかにされた。

また、以前Bloombergによって「Galaxy Z Flip」が初代「Galaxy Fold」よりも安価に設定され、約845ドルで発売される可能性があると伝えられた。

その後販売価格に関する情報は目立っていなかったが、現在韓国メディアiNews24によって「Galaxy Z Flip」の販売価格に関する新しい情報が伝えられている。

「Galaxy Z Flip」はやはり10万円以下で販売される模様

iNews24が伝えた情報によると、販売価格は発売の直前まで協議されるため現時点で確定を出すには早いとしつつも、「Galaxy Z Flip」は100万~150万ウォン程で韓国で販売される予定である事を既に入手しているとのこと。為替レートや販売国によって価格は前後するが現在の為替レートで約860~1,300ドル程だ。日本円で約94,600円~143,000円。

価格が幅広いのは一般的なスマホと同じようにメモリやストレージ等にバリエーションが設けられているからだと思われる。現時点でカメラ性能などに違いがあるとの情報は伝えられていないため、基本的な違いはメモリやストレージのみだと思われる。(カラーバリエーションは限定があるかも?)

また、同メディアによると「Galaxy Z Flip」はLTE版のみが発売されると伝えられている。上述のようにこのスマホには「Snapdragoon855」が搭載される予定。価格優位性を保つ事で「Galaxy S20」との差別化を図る狙いがあるのではないかと思われる。(折りたたみスマホを手に取るという敷居も下がる)

同メディアが伝えるように販売価格は直前まで協議されるため、現時点で確定を出すことはできないが、Bloombergからの情報や今回の情報からも少なくとも「Galaxy Z Flip」が「Galaxy Fold」よりも明らかに安い価格で販売されるというのは間違いなさそうだ。

 

[source iNews24] 
[via SamMobile]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする