2019年は多くのメーカーが5G通信に対応するスマホをしており、この流れは今後ますます拡大していくものと思われる。

とは言え、2019年時点では5G運用の普及率が低いことから敢えて5Gスマホを用意しないという戦略もチラホラ見かけるようになっている。5G通信は2019年より運用自体は始まっているものの本格的な普及は2020年より始まるものと考えられている。

中国最大のスマホメーカーの1つXiaomiは既に中国向けに2台の5Gスマホ「Mi MIX3 5G」と「Mi9 Pro 5G」を発売しているが、XiaomiのCEOからの最新の情報によると2020年は更に多くの5Gスマホを発売する予定のようだ。

Xiaomiは2020年に10台以上の「5G スマホ」を発表・発売へ

XiaomiのCEO、Lei Jun氏からの情報によると、Xiaomiは2020年中に10台以上の5Gスマホを発売する予定だという。

中国の大手通信キャリアは5G通信の事前登録を受け付けており、今年初めに公開されたレポートによると既に930万人以上のユーザーが事前登録を済ませているという。

中でもChina Mobileは既に約560万の5G通信事前登録を確保しており、次いでChina TelecomとChina Unicomがそれぞれ約190万と約180万の事前登録を確保しているようだ。

2019年時点で5Gスマホはスマホ市場全体の1%のシェアだが、調査会社のStrategy Analyticsによると、5Gスマホに移行するユーザーが今後増えることから2020年には5Gスマホが市場全体の10%のシェアを獲得すると予測しているという。

その中でも中国は5Gの層的展開により今後最大の5G市場になると予測されている。それらのことからXiaomiが2020年に10台以上の5Gスマホを投入し、様々なニーズに答えていくという今回の発表は理にかなっている。

Xiaomiが発売する5Gスマホがエントリーモデルからフラッグシップモデル全てをカバーするかどうかは不明だが、少なくともミドルレンジモデル~フラッグシップモデルの5G対応モデルはまず間違いなく発売される。

それは「Snapdragon855」以降のチップセットが5Gに対応することができることや、クアルコムがミドルレンジモデル向けにも5G対応チップセットを投入することを明らかにしているためだ。

中国ではHuawei、Xiaomi、そしてSamsungが5Gスマホのシェアを拡大すべく大きく動いてくるはずだ。今後の情報に注目したい。

 

[source MyDrivers] 
[via GizmoChina]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする