OnePlusが先日発表した新型スマホ「OnePlus 7T」及び「OnePlus 7T Pro」には発売時点で「Android 10」をベースにした「OxygenOS」が搭載されている。

また、先日2019年前半に発表した「OnePlus 7」と「OnePlus 7 Pro」向けにも「Android 10」ベースの「OxygenOS 10.0」アップデートがリリースされた。「10.0」は不具合が発見されたため多くのユーザーはこのアップデートを受け取らず、その後リリースされた「OxygenOS 10.0.1」アップデートが現在展開されている。

OnePlusは以前公開したロードマップから「OnePlus 7」シリーズだけでなく、「OnePlus 6/6T」や「OnePlus 5/5T」にも「Android 10」へのOSアップデートを提供することを明らかにしていたが、現在「OnePlus 6」及び「OnePlus 6T」向けに「Android 10」をベースにした「OxygenOS」のオープンベータビルドが公開されている。

オープンベータビルドのリリース時期もロードマップ通り。今後オープンベータビルドをいくつかリリースし、その後予定に狂いがなければ11月中には「OnePlus 6/6T」向けに「Android 10」の安定版アップデートが提供されるはずだ。

「OnePlus 6/6T」向け「Android 10」ベース「OxygenOS OpenBeta 1」の内容

  • システム
    • Android 10にアップグレード
    • 新しいUIデザイン
    • プライバシーのためのロケーション許可の強化
    • [設定]の新しいカスタマイズ機能により、クイック設定に表示するアイコンの形状を選択できるように

 

  • フルスクリーンジェスチャ
    • 画面の左端または右端から内側にスワイプして、戻る機能の実装
    • 最近のアプリで左または右に切り替えることができる下部ナビゲーションバーを追加

 

  • ゲームスペース
    • 新しいゲームスペース機能により、お気に入りの全てのゲームが1か所に統合​​され、アクセスが容易に

 

  • スマートディスプレイ
    • アンビエントディスプレイの特定の時間、場所、イベントに基づくインテリジェントな情報(設定-ディスプレイ-アンビエントディスプレイ-スマートディスプレイ)

 

  • メッセージ
    • メッセージのキーワードでスパムをブロックできるように(メッセージ-スパム-設定-ブロック設定)

 

[source OnePlus]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする