Samsungが「Galaxy S9」及び「Galaxy S9+」向けに2019年6月のセキュリティパッチを含む最新のソフトウェアアップデートをリリースしている。

このアップデートには2019年6月のセキュリティパッチが含まれており、その他の変更点は恐らく含まれていない。

このアップデートに2019年6月のセキュリティパッチの他に、「Galaxy S10」等が既に受け取っているカメラモードに関するアップデートが含まれていることが確認された。このアップデートで「Galaxy S9」シリーズは暗所撮影に最適化されたカメラモード「ナイトモード」の専用モードが実装されている。これまでは自動的に「ナイトモード」を使用するかどうか決定されていたため、今回のアップデートによって好きなタイミングで「ナイトモード」を使用することができるようになっている。

「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」向けにリリースされているこのアップデートのビルド番号はそれぞれG960FXXU5CSF2G965FXXU5CSF2だ。

執筆時点でこのアップデートはタイやベトナム等の地域で展開されている。展開地域は段階的に拡大していく予定なので、全てのユーザーにこのアップデートが行き届くにはある程度時間がかかるかも知れない。

2019年6月のセキュリティパッチには「Android OS」で発見された8つの重大な脆弱性の修正され、比較的重要度の高い脆弱性も12個以上修正されている。また、Samsungのソフトウェア上から発見された脆弱性が11個修正されている。

 

[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする