Concept Render Image

Googleは2018年に発売したフラッグシップモデル「Pixel 3」の廉価版となる「Pixel 3a」を先日発売した。日本の通信キャリアdocomoソフトバンクも「Pixel 3a」を取り扱うことを発表しているが、最新情報を追い求めるユーザーはすでにGoogleが2019年に発売するフラッグシップモデルへと注目し始めている。

Googleが今年発売するフラッグシップモデルはこれまでのナンバリングなどから「Pixel 4」シリーズと呼ばれる可能性が高く、今年も2モデル展開になることが期待されている。

これまでにいくつかの情報が明らかにされており、「Pixel 4」は「Galaxy S10+」のようなパンチホール型ディスプレイを採用するのではないかというものや、ポップアップ式カメラを採用するのではないかという情報がある。つまりは現時点でどういうデザインになるかは分かっていないのだが、現在「Pixel 4」シリーズに関して興味深い情報が明らかにされている。

「Pixel 4」シリーズはスマホから物理ボタンを廃止か

Concept Render Image

Concept Render Image

PhoneArenaが伝える情報によると、Googleが2019年に発売する新型スマホ「Pixel 4」シリーズは電源ボタンや音量ボタンのような物理的に押すことのできるボタンを廃止する可能性があるという。これはボタンが全く無くなるというわけではなく、恐らくタッチすることで反応する静電容量式のボタンになるのではないかと思われる。

これによってどういう恩恵があるかと言われるとまだ不透明な部分があるが、少なくともGoogleの「Active Edge」機能は利便性が増すはずだ。「Pixel 3」ではGoogleアシスタントを起動するためにスマホの側面をギュッと握ることで呼び出すことができる。これをGoogleは「Active Edge」機能と呼んでいるが、「Pixel 3」の「Active Edge」は側面のどこを押しても呼び出すことができるわけではない。

「Active Edge」の反応ポイントは物理ボタンの存在等からある程度絞られている。これを物理ボタンを廃止し静電容量式のボタンを採用することで側面全体をこの機能の有効範囲として利用することができるようになると思われている。

どういう形であれ全く新しい形を採用すれば批判に晒されることはほぼ間違いないが、情報によればGoogleは興味深いことにトライしているようだ。勿論、これらはリークによるものであり公式情報ではない。そのためいつものように参考程度にとどめておくことをおすすめする。

Googleが今年秋に発売すると思われる「Pixel 4」シリーズは「Galaxy S10」と同じ「Snapdragon855」を搭載して発売すると思われる。また、「Pixel 3」で大好評だったカメラ機能が更にブラッシュアップされているのか、非常に興味深い。

 

[source PhoneArena]

Wonder-Xの最新情報をチェックする