先日、OnePlusが2019年のフラッグシップモデル「OnePlus 7」と「OnePlus 7 Pro」を発表した。「OnePlus 7 Pro」はもう間もなく発売を予定しており、「OnePlus 7」は6月より発売予定。

既に、一部メディア関係者はレビューのために「OnePlus 7 Pro」を受け取っているが、現在、公式発表後最初のソフトウェアアップデートがリリースされている。

OnePlusが現在アップデートをリリースしているのは「OnePlus 7 Pro」向けのものでバージョンは「OxygenOS 9.5.2」。

このアップデートには2019年4月のセキュリティパッチが含まれている他、多くの新機能や最適化の内容が含まれている。そのためアップデートの容量は494MBと比較的大型。

また、このアップデートは「OnePlus 7 Pro」を初めてWi-Fiに接続すると自動的にダウンロード可能な状態になると伝えられている。

「OnePlus 7 Pro」向け「OxygenOS 9.5.2」の内容について

システム

  • Androidセキュリティパッチを2019.4に更新
  • DC調光機能を追加(Settings-Utilities-OnePlus Laboratory)。
  • スムーズスクロールの向上
  • 一般的なバグ修正と改良

 

Gaming mode

  • 触覚(Haptic)フィードバックを追加することにより視聴覚体験を向上させる(Settings-Utilities-Gamingモード)
  • Fnaticモード(Settings-Utilities-Gamingモード)を追加

 

デジタルウェルビーイング

  • デジタルウェルビーイング(設定 - Digital Wellbeing)にWind Downを追加
  • Wind Downにグレースケール機能を追加(Settings-Digital Wellbeing-Wind Down)

 

カメラ

  • 写真品質の最適化

 

[source 9to5Google] 
[via Gadgets360]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする