Samsungの「Galaxy S10」シリーズには「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」と呼ばれる現行「Galaxy S9/S9+」の後継モデルが2つ存在する。「Galaxy S10」シリーズにはこれら2モデルに加えて新しく1モデル追加されることが分かっており、このモデルはコストパフォーマンスに優れたモデルになり「Galaxy S10e」と呼ばれる可能性が高いことが分かっている。当初このモデルは「Galaxy S10 Lite」と呼ばれていたが、発表が近づくに連れて「Galaxy S10e」が正しいという見方が強まっている。

「Galaxy S10e」は「S10」や「S10+」が搭載する予定のいくつかの機能を搭載しないことで、コストパフォーマンスに優れたモデルになると言われている。「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」にはこれまでに分かっている情報によると「ブラック・ホワイト・グリーン」系統のカラーリングが存在すると言われているが、「Galaxy S10e」はこれらのカラーリングに加えて「カナリーイエロー」と呼ばれるカラーリングが用意されると言われている。

カナリーイエローはシリーズで唯一「Galaxy S10e」のみが得られるカラーオプションだと言われており、現在「Galaxy S10e」(カナリーイエロー)のレンダリング画像が公開されている。カナリーイエローのイメージ画像が公開されたのは恐らく今回が初めて。

「Galaxy S10e」のカナリーイエローを表すレンダリング画像

上記が「Galaxy S10e」にのみ用意されると言われているカナリーイエローのレンダリング画像だ。レンダリング画像からも分かるようにこのデバイスは「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」よりもやや太いベゼルや背面に2つのカメラが搭載されていることが確認できる。また、「Galaxy S10e」にはディスプレイ内指紋認証機能が搭載されず、デバイス側面に指紋認証センサーが用意されると言われていたが、この画像からはそのセンサーも確認することができる。

「Infinity-O」ディスプレイを採用する「Galaxy S10e」のフロントカメラは右上に1つ存在する。カメラのサイズはミドルレンジモデル「Galaxy A8s」(Galaxy A9 Pro)とあまり変わらないのではないだろうか。

さて、上記レンダリング画像のカナリーイエローはとにかく明るい。あくまでもレンダリング画像であり、実機画像ではないため実際に見え方とは異なる可能性があるが、それにしてもカナリーイエローは明るく見える。ポップなデザインが好きであれば評判は良いかもしれないが、高級感とは一定の距離がありそうなカラーリングだ。既に明らかにされているパールホワイトの実機画像はかなり綺麗だった。

参考までに以下は「Galaxy S10e」のライバル機に位置づけることのできる「iPhone XR」のイエローカラーモデルだ。「iPhone XR」のイエローは結構人気カラーのようだ。

「Galaxy S10e」のカナリーイエローの見え方はレンダリング画像のせいなのか、実機画像でもこのような見え方なのか非常に気になるところではある。実機画像のリーク・公開に注目したい。

 

[sourceIshanAgarwal/Twitter] 
[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする