Samsungの「Galaxy S10」は今月20日に発表する予定で、既に多くの情報が明らかにされている。絶大な実績を持つWinFutureから「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の公式プレス画像がリークされたことで「Galaxy S10」シリーズのデザインの多くが判明している。また、発売時点で用意されるカラーリングが3色展開になる(地域によって異なる可能性)事なども分かっている。

また、公式プレス画像がリークされる以前より「Galaxy S10」シリーズがいくらで販売されるのかという情報もいくつか上がっており、現在、別の情報筋より「Galaxy S10」シリーズの販売価格がリークされている。今回のレポートは「Galaxy S10」シリーズの通常ラインナップに加えて、「Galaxy S10+」のセラミックパネルや12GBのメモリ+1TBのストレージを持つモデルの価格についても言及している。

「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」はいくらで販売される?

今回のレポートはオランダでの販売価格に関するもので、基本的に欧州地域は共通の価格で販売される可能性が高い。

「Galaxy S10e」は6GBメモリ+128GBストレージ構成で販売される予定で、「カナリーイエロー」「プリズムブラック」「グリーン」「ホワイト」、発売後に「ブルー」のカラーリングが用意されるという。「Galaxy S10e」の販売価格は以下の通り。

Galaxy S10e
  • 6GB+128GB:749ユーロ(約94,000円)

 

「Galaxy S10」は6GB+128GBと8GB+512GB構成の2モデルから選択することができる。カラーリングは6GB+128GBモデルが「ブラック」「グリーン」「ホワイト」「ブルー」が、8GBモデルは「プリズムブラック」「グリーン」「パールホワイト」「ブルー」の各4色が用意されるという。「ブラック」と「プリズムブラック」がどのような違いがあるかは不明だが、情報元が区別しているため分けておきたい。「Galaxy S10」のモデル別販売価格は以下の通り。

Galaxy S10
  • 6GB+128GB:899ユーロ(約112,000円)
  • 8GB+512GB:1,149ユーロ(約144,000円)

 

「Galaxy S10+」は6GB+128GBと8GB+512GBの構成に加えて12GB+1TBのハチャメチャ構成が加えられる。6Gモデルは「ブラック」「グリーン」「ホワイト」「ブルー」が、8GBモデルは「プリズムブラック」「グリーン」「パーツホワイト」「ブルー」の4色が用意される。12GB+1TBのモデルはパネルにセラミックを使用し、カラーリングは「セラミックブラック」と「セラミックホワイト」の2色展開。「Galaxy S10+」のモデル別販売価格は以下の通り。

Galaxy S10+
  • 6GB+128GB:999ユーロ(約125,000円)
  • 8GB+512GB:1,249ユーロ(約156,000円)
  • 12GB+1TB:1,499ユーロ(約188,000円)

あくまでも、リーク情報であり公式情報ではない。また、販売価格は市場ごとに計算して算出されるもので、単純に為替レート換算するだけではないため、実際の価格とはやや異なる可能性がある。そのため参考価格として捉えてほしい。

発表までもう間もなくに迫っている「Galaxy S10」シリーズだが、やはりこれまでの「Galaxy S9」等と比較すると価格の向上は間違いなさそうだ。「Galaxy S10e」はコスパに優れたモデルと言われているが、94,000円でコスパがいいのかどうかは疑問の残るところ。「Galaxy S9」から多くの新機能が搭載される「Galaxy S10」だが、気になるのは今使っているスマホから「Galaxy S10」へとアップグレードをする価値があるかどうか。この点については別の記事にて解説したいと思う。

 

[source MySmartPrice] 
[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう