Samsungは今月20日に「Galaxy UNPACKED 2019」イベントを開催し、このイベントで新型スマホ「Galaxy S10」シリーズを発表する予定だ。すでに多くの情報が明らかになっており、このシリーズには「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」の3モデルが存在する。一部地域では5G通信に対応する6.7インチの「Galaxy S10X」と呼ばれるモデルもあるが、これについては情報が少なすぎるため今後の情報が待たれるところ。

そして、通常ラインナップの「Galaxy S10+」には最大12GBのメモリと1TBの内蔵ストレージを持つモンスターモデルが用意されると言われており、このモデルはスペックだけでなく本体に使用される材質が異なると言われている。通常の「Galaxy S10」シリーズにはガラスと金属の材質を使用するため、他のメーカーのスマホとさして変わらないが、このモンスターモデルには高級材質の「セラミック」が使用される。

「セラミック」が使用されるという情報は前よりあったが、実際のデザインの違いなどについては不明だったが、現在「Galaxy S10」シリーズの発表が近づいたことでついに「Galaxy S10+」の「セラミック」を使用したモデルのレンダリング画像が公開された。

「セラミック」を使用するモデルには「セラミックホワイト」と「セラミックブラック」の2色用意される予定で、今回公開されたのは「セラミックブラック」だ。

「Galaxy S10+」の時最上位モデルにだけ使用されるカラーリング「セラミックブラック」のレンダリング画像

上記が実際に公開された「Galaxy S10+」の「セラミックブラック」と通常の「プリズムブラック」のレンダリング画像だ。

「Galaxy S10+」の最上位モデルに使用されるセラミックパネルのブラックカラー「セラミックブラック」は通常ラインナップに用意される「プリズムブラック」と比較してやや薄く見えるが、これはレンダリング画像による色味の違いなのではないかと思われる。

公式プレス画像からのリーク情報であることから、「Galaxy S10+」の最上位モデルはやはり「セラミック」を使用するということは分かる。しかし、正直なところレンダリング画像からでは使用されるパネルの違いなどについて知ることは難しい。

「Galaxy S10+」の最上位モデルに使用される予定の「セラミック」だが、ガラスパネルと比較して明らかに異なる質感になっているのは明らかだ。ここ最近「Galaxy S10」シリーズに関する多くの情報がどんどん公開されているため、発表までに更に多くの情報が明らかにされるのではないかと思われる。

既に多くの情報を知ることができるが、まだ誰も知らないサプライズ的な要素はあるのだろうか。今後の情報に期待したい。

 

[source RolandQuandt/Twitter] 
[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう