Xiaomiが2018年に発売したフラッグシップモデル「Mi8」は世界中で大好評で、同時期に発売された「OnePlus 6」よりも短期間で100万台の販売に成功している。また、上位モデルの「Mi8 Pro」には様々な新技術が搭載されていたことから、今年の「Mi9」にも期待が高まっている。

これまでに少しずつ「Xiaomi Mi9」に関する情報が明らかになっていたが、現在「Xiaomi Mi9」と思われるベンチマークがGeekbenchより発見されている。

「Xiaomi Mi9」は「Snapdragon855」を搭載へ - Geekbenchに基づく

上記が実際に発見された「Xiaomi Mi9」と思われるベンチマークスコア。直接的に「Mi9」と書かれておらず、発見されたモデルのモデル名は「Xiaomi Cepheus」だ。だが、このモデルがXiaomiが今年発売するフラッグシップモデル「Mi9」である可能性が極めて高いということは記録されたスコアからだ。

これまでの情報から「Mi9」はクアルコムの最新チップセット「Snapdragon855」を搭載すると言われており、今回発見されたベンチマークスコアはまさに「Snapdragon855」のパフォーマンスにふさわしいスコアを記録している。また、今回発見されたスコアは同じ「Snapdragon855」を搭載する「Galaxy S10」のベンチマークスコアよりも高い数値を示しており、シングルコアが3,524、マルチコアが11,260だ。

現行「Xiaomi Mi8」と「Xiaomi Mi9」のベンチマークスコアの比較は以下の通り。

シングルコア/マルチコア
  • 「Xiaomi Mi8」:2,431/8,494
  • 「Xiaomi Mi9」:3,524/11,260

勿論、これらの情報は開発時点のものであり、今後最適化が進むことによって「Mi9」のパフォーマンスが更に向上する可能性もあるが、現時点で「Mi9」は「Mi8」と比較してシングルコアが約45%、マルチコアが約32%向上していることを示している。

今回発見された「Xiaomi Cepheus」が同社の新型スマホ「Mi9」である可能性は極めて高いが、あくまでも参考程度にとどめておきたい。今後の情報に注意したい。

[source Geekbench] 
[via GSMArena]

Wonder-Xの最新情報をチェックする