source:91mobiles

Huaweiのここ数年のスマホシェアの増加率は目を見張る物があり、Huaweiによると2019年には現在世界シェアトップに君臨するSamsungを抜くと伝えている。Huaweiのスマホは確かに優れており昨年発売された「Huawei P20 Pro」や年後半に発売された「Mate20 Pro」はとても評判が良い。2019年にもこれらの後継機に当たるフラッグシップモデルを発売すると見られており、「Huawei P」シリーズの最新作「Huawei P30」にも注目が集まっている。「Huawei P20」の後継機となるこの「Huawei P30」がいつ発売されるのかという話だが、これまでの傾向や情報から3月に発表される可能性が高い。

これまでにいくつかのレンダリング画像等が明らかにされており、「Huawei P30」は現行「Huawei P20」と比較してややデザインに変更が加えられるようだ。Huaweiは「P30」を発表するまでまだ暫くの時間が有るため実際に発表されるものと現在見ているデザインは異なる可能性はあるが、現在多くの実績を持っているOnLeaksより「Huawei P30」のCADデータに基づく詳細なレンダリング画像を公開している。そのレンダリング画像によると、Huaweiは「P30」でイヤホンジャックを再搭載するようだ。

「Huawei P30」のデザインが分かる詳細なレンダリング画像について

公開された「Huawei P30」のレンダリング画像によると、「P30」は「P20」と同じように綺麗なグラデーションカラーを持っている可能性があることを示している。さて、「Huawei P30」のレンダリング画像から分かるいくつかの特徴を見ていきたい。

まず、「Huawei P30」にはどこにも指紋認証センサーを確認することができない。このことからディスプレイ内指紋認証を搭載している可能性が高い。可能性は低いと思われるが電源ボタンに統合されている可能性も否定できない。また、「Huawei P20」には特徴的なノッチが搭載されていたが、「Huawei P30」には水滴型のノッチが搭載されていることが確認でき、見る限りフロントカメラが1つのみ搭載されているようだ。その他のセンサー類を確認することはできない。勿論この画像にないだけかもしれない。しかしこの「水滴ノッチ」の搭載によってこれまで以上に画面占有率が向上していることが分かる。ディスプレイは左右のベゼルは比較的狭く、上下のベゼルは少し太めになっている。ベゼルはただ狭くすれば良いという訳ではないため、ここは別に構わないポイント。「Huawei P30」にはリアがトリプルカメラ構成になっていることが確認できる。この3つのカメラは40MPのメイン、5MPの望遠レンズ、おして3つ目のセンサーは20MPの広角センサーになると言われている。因みにフロントカメラのセンサーは24MPになると言われている。また、興味深いことにデバイス左下に3.5mmイヤホンジャックが搭載されていることが分かる。これは現行「P20」にはなかったものだ。

「Huawei P30」の内部スペックは幾つか情報が混在しているがチップセットには「Kirin980」が搭載されるのではないかと言われている。また、メモリは6GBと8GBのモデルが存在し、ストレージも128GBと256GBから選択できると思われる。バッテリー容量も必要十分な4000mAhになると言われている。

「Huawei P30」シリーズには上記の標準モデル「P30」と上位モデル「P30 Pro」が存在すると思われるが、「P30 Pro」はカメラ性能が大幅に向上していると思われ、これまでの情報によると4つのカメラを搭載するクアッドカメラ構成になるのではないかと言われている。

これらの情報は公式情報ではないため、今後の情報次第で変更になる可能性が十分にある。OnLeaksからのもので信頼性は高いとは言え公式情報ではない。そのためいつものように参考程度にとどめておくことをおすすめする。今後の情報に期待したい。

[source 91mobiles] 
[via wccftech]

Wonder-Xの最新情報をチェックする