source:Ice Universe - Twitter

Samsungは2019年2月頃に新しいスマホ「Galaxy S10」を発表する可能性が高いことはこれまでに伝えている通り。

2018年も残りわずかとなった現在Samsungの「Galaxy S10」のスペックや特徴等が最終的に決定するタイミングになってきている。

確かにここ最近「Galaxy S10」に関する情報は多く、画面保護ガラスのリーク等も行われている。

「Galaxy S10」に最大の特徴の1つは、間違いなく次世代のディスプレイ技術で、SamsungがSDC2018で発表した「Infinity-O」ディスプレイが使用される可能性が高い。

「Infinity-O」ディスプレイは画面の左上にカメラ用の小さな穴が開けられるという特徴を持つディスプレイだ。

「Infinity-O」ディスプレイはSamsungのミドルレンジモデル「Galaxy A8s」にも使用される可能性が高いが、「Galaxy S10」のほうがカメラの穴がより小さい特徴を持っていると伝えられている。

Galaxy A8s Concept via:PhoneArena

また、韓国からの最新の情報によると、Samsungは「Galaxy S10」に使用する「Infinity-O」の特徴を持つディスプレイ(HIAA)の生産を開始したという。

「Galaxy S10」用のOLEDディスプレイが生産開始に

「Galaxy S10」は「Galaxy A8s」とは異なり、OLED(有機EL)ディスプレイが使用される。

「Galaxy S10」の最大の特徴の1つ「Infinity-O」ディスプレイを実現するために、「HIAA」(Hole In Active Area)と呼ばれるSamsungの独自技術を使用することで実現される。

Samsung以外にもカメラ用の穴を持つスマホは存在するようだが、「Galaxy S10」に使用される技術はSamsungの独自技術であるため、他のメーカーと比較して優位性があるようだ。

さて、韓国からの情報によると、Samsungは第6世代のA3生産ラインで、「Galaxy S10」用の「HIAA」技術を使用するディスプレイの生産を開始したという。

これはSamsungが「Galaxy S10」に「Infinity-O」ディスプレイを使用するというこれまでの噂がほぼ確実になったと考えてよいのではないだろうか。

勿論、これらの情報は公式情報ではなくレポートによるものなので実際のSamsungの動きとは異なる可能性もあるだろう。

しかし、「Galaxy S10」用のディスプレイの生産が開始したということで、今後益々実機画像等のリークが増えてくるのではないだろうか。

続報に期待したい。

[source ETNews] 
[via wccftech]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする