Huaweiの新しいフラッグシップモデル「Mate20」シリーズが発表された。

発表前に見つかっていた主力モデルは2モデルで、+1モデルとしてPorscheデザインが用意される事が明らかになっていたが、直前になって全く新しいモデルが見つかるなど情報が錯綜していた。

Huaweiが今日公式に発表したモデルは4モデルあり、ひっそりと廉価モデルとなる「Huawei Mate20Lite」が発表されている。

本日発表されたモデルは「Huawei Mate20」、「Huawei Mate20 Pro」、「Huawei Mate20X」、そしてプレミアムモデルの「Huawei Mate20 Porsche Design」だ。

主力モデルとなるのは「Mate20, Mate20 Pro, Mate20X」の3つになる見通しで、それぞれ特徴が異なるためこの記事ではそれぞれの違いや特徴についてざっくりまとめてみたいと思う。

これまで多くのメーカーがディスプレイサイズに応じてモデル名を「Plus」や「Pro」としてきたが、この「Mate20」シリーズではその法則が崩れているため、誤解が生まれやすい。

それでは見ていこう。

「Huawei Mate20」は水滴ノッチと6.53インチのLCDディスプレイ

Huaweiが発表した多すぎる「Matge20」シリーズの標準モデルとなるのがこの「Mate20」だ。

「Mate20」はLiteモデルを除いて全て新しい7nmプロセスを使用する「Kirin980」が搭載されている。

カメラに関しても全モデルのリアカメラはトリプルカメラで構成されているが搭載されているセンサーは「Mate20」と「Mate20 Pro, Mate20X」で異なる。

「Mate20」に搭載されているカメラは、12MP(広角レンズ, f/1.8絞り)+ 16MP(超広角レンズ, f/2.2絞り)+ 8MP(2倍望遠, f/2.4絞り)の3つで、オートフォーカスやAIS(Huawei AI Image Stabilization)をサポートしている。

最近のフラッグシップモデルはディスプレイ内指紋認証技術を搭載する流れがあるが、「Mate20」は従来どおり背面に指紋認証センサーが搭載されている。

バッテリー容量は4000mAh。

搭載されているAndroidのOSは「Android 9.0 Pie」だ。

価格は799ユーロからで「Mate20」シリーズはイギリス、フランス、イタリア、アラブ首長国連邦などの地域では直ぐに発売される。

ディスプレイ 6.53インチ, 18.7:9, LCD(液晶)パネル
解像度 FHD+(2244×1080)
CPU Kirin980
RAM / ストレージ

4GB / 128GB
6GB / 128GB

リアカメラ 12MP(広角レンズ, f/1.8絞り)+ 16MP(超広角レンズ, f/2.2絞り)+ 8MP(2倍望遠, f/2.4絞り)
フロントカメラ 24 MP(f/2.0絞り)
バッテリー 4000mAh
OS Android 9.0 Pie + EMUI 9.0
価格 799ユーロ(4GB), 899ユーロ(6GB)

「Huawei Mate20 Pro」は「iPhone」のようなフラットノッチと6.39インチのOLEDディスプレイ

上位モデルとなる「Mate20 Pro」には「Mate20」の6.53インチよりも小さい6.39インチのディスプレイが搭載されている。パネルもLCD(液晶)からOLED(有機EL)に。

解像度についても「Mate20」がFHD+(2244×1080)であるのに対して、「Mate20 Pro」の解像度は2K+(3120×1440)だ。

「Mate20 Pro」は「Mate20」よりも小さなディスプレイながらより繊細な解像度を搭載し、尚且OLED(有機EL)であることから映像の面でとても美しいものを提供してくれるのではないだろうか。

また「Mate20」と「Mate20 Pro」ではデザインが異なり、「Mate20 Pro」は水滴ノッチではなく「iPhone XS」のようなフラットノッチが搭載されている。

これは、「3D Face Unlock」と呼ばれる赤外線を使って顔をスキャンし、ロックを解除する機能を実装するためだろう。

水滴ノッチでは複雑なセンサー類を搭載することがスペースの都合上難しいため致し方ない。

チップセットは同じ「Kirin980」で7nmプロセスの最新技術を堪能できる。

「Mate20 Pro」に搭載されているカメラは、40MP(広角レンズ, f/1.8絞り)+ 20MP(超広角レンズ, f/2.2絞り)+ 8MP(3倍望遠, f/2.4絞り)3つで、同じくオートフォーカスやAIS(Huawei AI Image Stabilization)をサポートしている。

「Mate20 Pro」のカメラは最も優れたカメラとして名を馳せた「Huawei P20 Pro」とほぼ同じだが、「P20 Pro」では多くの陰影を捉えるためにモノクロセンサーを使用していたが、技術の向上によって「Mate20 Pro」では全てのカメラがカラーセンサーになっている。

また超広角レンズでは2.5cmまで寄ったマクロ撮影に対応している。

カメラについては正直センサー情報だけ見ても素人ではわからないため、発売後明らかにされる実際の写真で判断したいところ。とは言え、「P20 Pro」を作り上げたHuaweiの新作であることから品質は間違いないだろう。

「Mate20 Pro」にはディスプレイ内指紋認証センサーが搭載されている。

「Mate20 Pro」のバッテリー容量は「Mate20」よりも大きな4200mAhで、有線時の急速充電技術がかなり向上しており、初の40Wに対応している。

これによって30秒で1%という驚異的な充電スピードを誇るという。

またワイヤレス充電技術についても優れており、15Wに対応したことで他社製のワイヤレス充電技術に比べて約70%高速に充電を可能にする。(30分で0→70%)

「Mate20 Pro」の充電技術で全く新しい技術として投入されたものに「Mate20 Pro」をワイヤレス充電器として使用できるというのだ。

これによってワイヤレスイヤホン等の機器をスマホのみで充電、完結させられるようになるという。Qi規格をベースにした技術になるため、Qi規格に対応していればどんなデバイスでも充電することが可能だという。これは「Mate20 Pro」で「iPhone」を充電するということすら可能にする。

価格は1049ユーロからで、Porsche Designを除いて最もハイエンドモデルとなる。

ディスプレイ 6.39インチ, 19.5:9, OLED(有機EL)パネル
解像度 2K+(3120×1400)
CPU Kirin980
RAM / ストレージ

6GB / 128GB
8GB / 256GB

リアカメラ 40MP(広角レンズ, f/1.8絞り)+ 20MP(超広角レンズ, f/2.2絞り)+ 8MP(3倍望遠, f/2.4絞り)
フロントカメラ 24 MP(f/2.0絞り)
バッテリー 4200mAh
防水防塵性能 IP68
OS Android 9.0 Pie + EMUI 9.0
価格 1049ユーロ(6GB), ユーロ(8GB)

「Mate20X」はシリーズで最も大きな7.2インチや5000mAhの驚異的なバッテリー容量

Huaweiがサプライズ的に?発表した3つ目のモデルとして「Mate20X」がある。

「Mate20X」が他のモデルと最も異なる点は明らかにディスプレイのサイズで、このモデルは7.2インチのOLEDディスプレイを搭載する。

「Mate20X」の解像度はFHD+(2244×1080)と「Mate20 Pro」よりは粗い解像度を採用している。

またSamsungの「Galaxy Note9」が4000mAhの特大バッテリーを搭載していたが、より大きな筐体を持つ「Mate20X」は5000mAhの超特大バッテリーを搭載する。

「Mate20X」には「Mate20」と同じ「水滴ノッチ」が搭載されている。つまり、「Mate20 Pro」のような「3D Face Unlock」機能は搭載されず。

チップセットは同じ「Kirin980」を搭載しカメラのセンサーについても「Mate20 Pro」と全く同じ仕様になっている。

またタッチペンとなる「M-Pen」やゲーム用の付属品が用意されていることから、ゲーミングスマホの位置付けになるのかもしれない。

中国等の多くの地域ではゲーミングスマホの人気が高まってきているため、十分考えられる。

「Mate20」シリーズで最も大きなディスプレイを搭載している「Mate20X」には残念ながらディスプレイ内指紋認証技術は使用されず、従来通り背面に指紋認証センサーが搭載されている。

価格は899ユーロと他のモデルと比較すると安価なようだ。

「Mate20X」はアジアとヨーロッパ市場で10月28日から発売される予定だ。

ディスプレイ 7.2インチ, OLED(有機EL)パネル
解像度 FHD+(2244×1080)
CPU Kirin980
RAM / ストレージ

6GB / 128GB

リアカメラ 40MP(広角レンズ, f/1.8絞り)+ 20MP(超広角レンズ, f/2.2絞り)+ 8MP(3倍望遠, f/2.4絞り)
フロントカメラ 24 MP(f/2.0絞り)
バッテリー 5000mAh
OS Android 9.0 Pie + EMUI 9.0
価格 899ユーロ(6GB)

「Huawei Mate20」に搭載される「Kirin980」のAnTuTuスコアが明らかに - 「A12 Bionic」や「SDM845」と比較

2018.10.09
[via AndroidPoilice] [source Mate20/Huawei, Mate20Pro/Huawei, Mate20X/Huawei]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう