Huaweiは10月に新しいフラッグシップモデル「Huawei Mate20/Mate20 Pro」を発表するよ手だと言われており、これまでに多くの特徴や、レンダリング画像のリークによってこのスマホの全体像が明らかにされていた。

また、数日前に「Mate20 Pro」のベンチマークがGeekbench上で発見されたが、現在「HMA」というコードを持つ「Mate20」のベンチマークも同じくGeekbench上で発見された。

モデル番号「HMAW-L29」と名付けられた「Mate20」はデュアルSIMをサポートするヨーロッパ向けの亜種モデルになるのではないかと言われている。

10/17追記

Huaweiが公式に最新の「Mate20」シリーズを発表している。

Huawei「Mate20」と「Mate20 Pro」と「Mate20X」は何が違う?スペックや特徴の違いについて

2018.10.17

「Huawei Mate20/Mate20 Pro」のベンチマークスコア(Geekbench)

上記の画像を見ても分かるように、「Huawei Mate20」のシングルスコアスコアは3037、マルチコアスコアは9724を記録し、先日明らかになった上位モデルの「Huawei Mate20 Pro」のスコアと比較して約10%程劣る結果となっている。

  Huawei Mate20 Huawei Mate20 Pro
シングルコアスコア 3037 9724
マルチコアスコア 3390 10318

「Mate20」も「Mate20 Pro」も搭載するスペックは殆ど同じになると思われているが、ディスプレイの仕様が「Mate20 Pro」はQHD+、「Mate20」はFHD+と異なるため電源供給の面で差が出たのではないかと予想することができる。

また、「Huawei Mate20/Mate20 Pro」のベンチマークは共に「Android 9.0 Pie」で動作していることが確認できるため、発売時点でPieがインストールされている可能性は高いと思われる。

仮に、発売時点で「Android 8.1 Oreo」を搭載していても、Huaweiは既にいくつかのデバイス向けに「Android 9.0 Pie」アップデートをリリースしているため早いタイミングで「Pie」へのアップデートが出ると思われる。

Huaweiは10月16日に「Huawei Mate20/Mate20 Pro」が発表される予定だ。

[via TheAndroidSoul]

Wonder-Xの最新情報をチェックする