Samsungは本日、2018年9月のセキュリティパッチによって修正される内容を明らかにした。

このアップデートは基本的にAndroid OS上で発見されている脆弱性を修正とSamsung独自のソフトウェアから発見された脆弱性を修正する内容が含まれている。

2018年9月のAndroidセキュリティパッチもこれまでと同じように、Android OSで発見された数十種類の脆弱性を修正する。

Android OSのセキュリティ対策はとても重要であり、届き次第スマホにインストールすることをオススメする。

2018年9月のAndroidセキュリティパッチについて

Android OSで発見された最も深刻な脆弱性の1つに、遠隔操作で特別に細工したファイルを使用して、アプリのコンテキスト内で任意のコードを実行できてしまうというものがあったが、2018年9月のセキュリティパッチはこれを修正する。

また、2018年9月のAndroidセキュリティパッチには、9つの重大な脆弱性の修正に加えて、数多くの中危険度の脆弱性を修正する内容が含まれている。

更にSamsung独自のソフトウェアで発見された脆弱性も修正される。

いつもながら、詳細な修正内容が明らかにされていない為、何が変更されたかは不明だ。

Android OSで修正されるより詳細な内容はここより確認することができる。

記事執筆時点(9/5)でSamsungはまだ自社デバイス向けにソフトウェアアップデートをリリースしていないが、Samsungが2018年9月のセキュリティアップデートをリリースするのは時間の問題だろう。

セキュリティパッチも含むソフトウェアアップデートは、特別な理由がない限り、届き次第インストールしたほうが良いだろう。

[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする