Xiaomiは先日最新のフラッグシップモデルXiaomi Mi8を発表し、次世代の認証技術を搭載しているモデルであることやコストパフォーマンスに優れている点で大いに賑わった。

そんなXiaomi Mi8がリリースして3週間以内で100万台以上のMi8の販売に成功したという。

Xiaomi Mi8シリーズには、スタンダードなXiaomi Mi8、スペックがやや落ちるがよりコストパフォーマンスに優れているXiaomi Mi8 SE、最上位モデルのXiaomi Mi8 Explorerの3つのモデルが存在する。

現時点ではXiaomi Mi8とMi8 SEのみ購入することが可能だ。

地域にもよるがXiaomi Mi8 Explorerは7月頃にリリースされる予定だという。

6月5日に中国で販売され始めたXiaomi Mi8は現在世界各地で販売が開始されている。

Xiaomiのマーケティングディレクターを務めるXiao Zhiyuan氏は来月からより多くのグローバル市場でXiaomi Mi8が販売される可能性があるとしている。

これはXiaomi Mi8がインドのような市場で販売される可能性があることを意味している。

インドでは、OnePlusやXiaomiのように性能に対して価格が圧倒的に安価なコストパフォーマンス抜群なモデルが人気だ。

Xiaomi Mi8が18日で100万台の販売に成功しているのはOnePlusの最新のフラッグシップモデルOnePlus 6よりも早い記録だ。

OnePlus 6は100万台の販売に22日かかっている。とは言えどちらも爆速なのだが。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう