Samsungが2019年にリリースすると言われているGalaxy S10に関する情報が少しずつ出てきている。

これまでの情報によるとSamsungはGalaxy S10に多くの次世代機能を搭載すると言われており、その内の1つがディスプレイでの指紋認証やトリプルカメラで構成される可能性があると言われている。

そしてGalaxy S10には3つのモデルが用意されると言われている。

Galaxy S10には3つのオプションが用意され、最上位モデルにトリプルカメラが搭載される見通し!

2018.06.26

新しいレポートによるとSamsungは用意するモデルの1つであるGalaxy S10(S10 Plus?←Beyond 2)のディスプレイサイズを大きくする可能性があるという。

Galaxy S10 Plusには6.44インチのインフィニティディスプレイを搭載すると報告している。

これはAppleが秋ごろにリリースすると言われているより大きなiPhone X Plus?とディスプレイの大きさの点で差別化を図らせない狙いがあるのかもしれない。

ディスプレイサイズは現行モデルS9+と比べて大きくなるが、Samsungは今のモデルよりもよりベゼルレスデザインに近づけると言われていることからも、筐体サイズ自体は今と比較してもそれほど大きくはならないかもしれない。

少しであっても筐体サイズが大きくなれば、より大きなバッテリーを搭載するスペースも確保できるだろう。

またGalaxy S10にはトリプルカメラが搭載されると言われているが、実際に搭載されるのはこの最上位モデルになるGalaxy S10 Plus(Beyond 2)のみになる可能性があるという。

これらの報告は現時点ではフェイクや誤報の可能性があることを付け加えておきたい。

実際に内部的に動いている証拠がいくつか出てきたら、疑惑を自信から確信に変えても良いかもしれないが、今はまだ革新するには時期が早すぎる。

SamsungがGalaxy S10 Plusのディスプレイサイズを6.44インチに変更しようとしているという具体的な証拠が発見されたら、当サイトでも直ぐに知らせたいと思う。

時期的には夏のGalaxy Note9がリリースから暫くしてからだろうか。

[thebell]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする