「Wi-Fi6」は2019年にWi-Fi Allianceによって発表された最新の規格。これまでWi-Fiの規格は「802.11 ac」のように命名されていたが、昨年の発表より「802.11 ××」は「Wi-Fi○」のように変更されることも明らかにされた。

そのため、現在標準の「802.11 ac」は「Wi-Fi5」と呼ばれ、昨年の発表以前から呼ばれていた「802.11 ax」は「Wi-Fi6」と呼ばれることとなった。

Wi-Fiの正式名称が既存の「IEEE 802.11○」表記から「Wi-Fi○」に変更へ - 「802.11ac」→「Wi-Fi5」

昨年発売された多くのフラッグシップモデルに搭載されているチップセット「Snapdragon855」は技術的には「Wi-Fi6」をサポートすることができる。しかし、特殊な認証を有効にする必要があることから「OnePlus 7 Pro」はこの規格を現時点でサポートしていない。

だが、Redditのユーザーが報告した情報によると、今後のOTAアップデートで「OnePlus 7 Pro」が「Wi-Fi6」をサポートする可能性が出てきている。

「OnePlus 7 Pro」は今後のアップデートで「Wi-Fi6」をサポートか

Redditのユーザーが最近OnePlusのサポートチームとチャットを行ったところ、サポート担当者は次のOTAアップデートで「Wi-Fi6」が有効になる可能性があることを示したという。

ただし、次のOTAアップデートというものの具体的なリリースタイミングについては言及されていないため、最初から安定版アップデートとしてリリースされるのかオープンベータビルドを通した後に提供されるのかはわかっていない。

「OnePlus 7 Pro」が「Wi-Fi6」をサポートした場合、ユーザーはこの恩恵を得るためには「Wi-Fi6」対応のルーターが必要になる。「Wi-Fi6」の特徴は「速度向上」「セキュリティ強化」「待ち時間短縮」「バッテリー消費の改善」「同時接続台数の増加」等が挙げられるが、実際問題家で使用する場合「Wi-Fi5」→「Wi-Fi6」で大幅に何かが変わるわけではないと思われる。

 

TP-Link WiFi 無線LANルーター Wi-Fi6 11AX AX1500 1201 + 300Mbps 1.5 GHz トリプルコアCPU Archer AX10/A 3年保証
TP-LINK

 

[source Reddit] 
[via GizmoChina]

 

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする