OnePlusが「OnePlus 7」と「OnePlus 7 Pro」向けに最新のソフトウェアアップデート「OxygenOS 10.0.4」をリリースしている。

このアップデートには2020年1月のセキュリティパッチが含まれており、以前オープンベータビルド7の内容に含まれていた「RAM管理の最適化」が含まれている。また、一部アプリで画面が正しく表示されない問題もこのアップデートで修正されているようだ。

今回リリースされたアップデートは欧州・グローバル向けのバージョンが「OxygenOS 10.0.4」で、インド向けにリリースされているものは「OxygenOS 10.3.1」となっている。インド向けはアップデートの内容も異なるため、下記のリリースノートにて違いを示しておく。

「OnePlus 7/7Pro」向け「OxygenOS 10.0.4」の内容

  • システム
    • RAM管理の最適化
    • 一部のアプリで画面が表示されない問題を改善(原文:Black/Blank Screen issues)
    • プライバシーアラートのリマインダーをサポートする機能を追加
    • システムの安定性の向上と一般的なバグの修正
    • Androidセキュリティパッチを2020.1に更新

 

  • ネットワーク(インドのみ)
    • Jio SimのVoWifi登録を統合
  • クラウドサービス(インドのみ)
    • メモと連絡先の同期をサポート
  • ワークライフバランス(インドのみ) 
    • メッセージ通知の最適化
    • モードとアプリの選択を最適化
    • ロケーション、カレンダー、自動追跡機能を追加
  • クリケットスコア(インドのみ)
    • クリケットのスコアをシェルフにカードとして追加し、ライブの試合スコアとチームの更新に素早くアクセスできるように

 

[source OnePlus]

 

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする