Samsungの折りたたみスマホは既に発売されているブックカバーのような折りたたみ方式を採用した「Galaxy Fold」とまもなく発表されるクラムシェル型の「Galaxy Z Flip」の2種類存在する。

勿論、存在が確認されていないだけで複数のデバイスを開発中だと思われるが、最新の情報からSamsungが「Galaxy Fold」の遺伝子を引き継いだ新型折りたたみスマホの開発中であることが明らかにされた。

「Galaxy Fold」の正当後継モデルを開発中か

2019年2月に発表され秋口に発売されたSamsung初の折りたたみスマホ「Galaxy Fold」。このスマホはコードネーム「Winner」として発表まで様々な情報が伝えられた。

2月11日に発表される「Galaxy Z Flip」のコードネームは「Bloom」と呼ばれている。

今回GalaxyClubが伝えた情報によるとSamsungが現在開発に取り組んでいる折りたたみスマホのコードネームは「Winner2」若しくは「Win2」であるという。

コードネームが初代コードネームのナンバリングであることからデザインに差はあれど近いコンセプトを持っていることが期待できる。「Galaxy Z Flip」は正式名称が明らかにされるまで「Galaxy Fold2」と呼ばれていたが、今回の「Winner2」が本当の「Galaxy Fold2」かもしれない。

また、このデバイスには5G通信対応モデルと4G/LTE版が存在するという。それはSamsungがより多くの地域でこのデバイスを発売することを計画しており、且つ5Gが世界的に普及する前に発売することを意味している。そのため、今後の情報を待ち次期は定めていくが早ければ今年中、遅くとも2021年中には発売されるのではないだろうか。(これは推測)

 

[source GalaxyClub] 
[via SamMobile]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする