Samsungの新型スマホ「Galaxy S20」シリーズ。このスマホは2月11日に開催される新製品発表イベントで発表される予定で、ここ数日多くの情報が今まで以上に明らかにされている。

「Galaxy S20」シリーズには3つのモデルが存在し、それぞれ「Galaxy S20/S20+/S20 Ultra」と呼ばれる可能性が高いことが判明している。このスマホは当初からカメラ性能の大幅な向上やディスプレイ品質の向上が大きなアップグレードになるだろうと伝えられており、特にディスプレイ面では全てのモデルが120Hzに対応する新しいディスプレイを搭載する予定だと伝えられている。

ディスプレイが120Hzに対応するということ自体は当初から伝えられているが、現在新たに「Galaxy S20」シリーズの120Hzディスプレイについて新たな情報が明らかにされている。

「Galaxy S20」の120Hzは「QHD+」解像度では動作しない可能性

この話題は数日前に「Galaxy S20」が120Hzに対応しない可能性がある、というとある情報から始まった。

これを詳しく噛み砕くと、「Galaxy S20」は最高解像度の「QHD+」選択時に120Hzでは動作せず、「FHD+」では120Hzで動作するようだと伝えられた。

これを伝えたIce Universeはその後これは誤解であったと訂正し、「Galaxy S20」シリーズは全て120Hzに対応すると伝え直したが、現在改めてこれを否定し最新情報として以下のツイートをしている。

「SamsungはGalaxy S20シリーズの{WQHD(QHD) 120Hz}オプションをキャンセルし、{FHD 60Hz} {FHD 120Hz} {WQHD 60Hz}のみ(HD画質は不明)を残したことを”確実に”伝えることができる。そのため、最高解像度と最高リフレッシュレートを同時に体験することはできない」

と伝えた。

120Hzは体験してみたいけど、WQHD(QHD)解像度である必要性はないよという意見も多く見られるため、Samsungのこの選択はそれ程非難されるものではないかもしれないが、少なくともOnePlusの新しいディスプレイは「WQHD 120Hz」を実現している。そしてこのディスプレイはSamsungとの協力によって実現したもの。

それこそがユーザーが不満を抱くポイントだろう。ハードウェア的に難しいのかソフトウェア的に難しいのかは分からない。ただ、最高解像度と最高リフレッシュレートを同時に稼働させるとバッテリーの持続時間には影響するだろうということは推測することができるため、個人的にはこの選択自体をそれ程悲観的には捉えていない。

Samsungは「Galaxy S20」シリーズを2月11日に発表する予定。発表までの約1ヶ月、より多くの情報が明らかになるはずだ。

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする