現在、クアルコムはハワイで「Snapdragon Tech Summit 2019」を開催している。このイベントでは2020年のフラッグシップモデル向けチプセット「Snapdragon865」やミドルレンジモデルの5Gモデム統合型の「Snapdragon765 5G」などが発表されている。

「Snapdragon865」や「Snapdragon765/765 5G」の詳細については今回は省略するが、このイベントの2つ目にクアルコムが「PUBG Mobile」が今後90FPSモードをサポートすることやTrue 10bit HDRをサポートすることを明らかにしている。

 

 

2019年に発表されたいくつかのスマホは90Hzや120Hzに対応しているが、ゲーム側が対応していない場合が多く、性能を最大限活かすことができないという状況にあったが(普通のスクロールでも違いは明らかではある)今回の「PUBG Mobile」が90FPSに対応することで「OnePlus 7T Pro」や「Pixel 4」等のデバイスでもより快適に遊ぶことができるようになるはずだ。

とは言え、チップセットのパフォーマンス的に90FPSを安定して出し続けるのは容易ではないため、2019年に発売された「Snapdragon855」搭載デバイスでこの新機能を最大限活かすことができるかどうかは不明。

しかし、クアルコムによると新しく発表された「Snapdragon865」ではゲーム内で90FPSを出すことができるというため、「PUBG Mobile」を90FPSでプレイしたい場合は2020年に発売される「Snapdragon865」搭載機(ディスプレイ側も対応しているかどうかには注意)を検討してみても良いのかもしれない。

また、ビジュアル面でも現在のHDRモードよりも優れた「True 10bit HDR」をサポートすることを明らかにしているため、より優れたダイナミックレンジが期待できるだろう。

現時点で具体的な違いやパフォーマンスについてはわかっていないため、今後の情報を待ちたいと思う。

 

[source XDA]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする