Samsungは2020年2月に新型スマホ「Galaxy S11」シリーズを発表する予定で、既に多くの情報が明らかにされ始めている。

今年(2019年)2月に開催された「Galaxy UNPACKED」イベントでは「Galaxy S10」と一緒に完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」が発表された。その後「Galaxy Buds」は「Galaxy S10」の予約特典として多くのユーザーが手に取りその性能が「AirPods」に全く引けを取らないことで話題になった。

さて、Samsungは2020年2月にも同様に「Galaxy UNPACKED」を開催する予定だが、最近の情報によると「Galaxy S11」と一緒に「Galaxy Buds」の後継モデル「Galaxy Buds+」も発表される予定だという。

「Galaxy Buds+」にはアクティブノイズキャンセリング機能が搭載か

Samsungが「Galaxy Buds」の後継モデルの開発に取り組んでいることは既に明らかにされており、モデル番号が「SM-R175」になることが判明している。

これまでこの後継モデルの名称は不明だったが、EveLeaksがTwitter上でヒントをユーザーに与えている。

ツイートを簡単に翻訳すると、「最初にAirPods Proが来て、次にGalaxy Buds+が登場…。」のような内容。このツイートから推測することができることはSamsungの新型ワイヤレスイヤホンが「Galaxy Buds2」ではなく、「Galaxy Buds+」と呼ばれる可能性があるということだ。

また、「AirPods Pro」という名称を出していることから「Galaxy Buds+」がアクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載している可能性があるということだ。

アクティブノイズキャンセリング機能は「AirPods Pro」の最も特徴的な機能の1つ。Samsungは「Galaxy Buds」との差別化を図るためにこの機能をサポートするというのは十分考えられるだろう。

今年の例を見れば2月の発表前に「Galaxy Buds+」についても多くの情報が明らかにされる可能性が高い。その際にこのイヤホンがどのような機能を搭載しているかもある程度明らかにされるのではないだろうか。

 

[source eveleaks] 
[via SamMobile]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする