OnePlusは定期的に最新のソフトウェアアップデートをリリースしており、安定版のソフトウェアとは別に、最新の機能をいち早く体験することができるオープンベータソフトウェアもリリースしている。通常、オープンベータのソフトウェアで不具合等を検知・修正し、問題がなければ多くのユーザーが受け取る安定版のソフトウェアとしてリリースする。

現在OnePlusは「OnePlus 7」と「OnePlus 7 Pro」向けに最新のソフトウェアアップデートのオープンベータをリリースしている。今回2つのスマホ向けにリリースされたアップデートは「OxygenOS OpenBeta 6」だ。

このアップデートには2019年11月のセキュリティパッチが含まれており、また、指紋認証のアイコンの可視性やアニメーション効果を改善する内容やZen Modeに新しい設定オプションが実装されている。

このアップデート展開後、ユーザーのフィードバックを反映後安定番アップデートとして多くのユーザーに届けられる。

「OnePlus 7/7Pro」向け「OxygenOS OpenBeta 6」の内容

  • システム
    • 指紋アイコンの可視性を修正
    • アンビエントディスプレイでの音楽が中断されてしまう問題を修正
    • 指紋アイコンのアニメーション効果を改善
    • 設定にノッチ領域表示オプションを追加(OnePlus 7)
    • Androidセキュリティパッチを2019.11に更新
    • システムの安定性の向上と一般的なバグの修正

 

  • Zen Mode
    • アプリ情報セクションに「無効化」オプションを追加

 

[source OnePlus]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする