Samsungは2019年に折りたたみスマホ「Galaxy Fold」を発表し、紆余曲折あり夏頃より多くの地域で発売が開始されている。日本でもau独占という形でだが「Galaxy Fold」を購入することができる。

さて、折りたたみスマホ及び折りたたみデバイスはまだまだ新しいジャンルで発展途上感が否めないが、2019年後半は「Galaxy Fold」の他に様々な折りたたみスマホを見る機会が増えており、今後ますます増えていく可能性は高いと言える。

2019年に見た折りたたみデバイスは殆どは「スマホを折り畳めるようにした」形・サイズだったが、Samsungが取得した最新の特許は「タブレット」を折り畳めるようにすることを計画しているようだ。

「Glaxy Tab Fold」の特許が提出 - レンダリング画像

Samsungは「Galaxy Fold」の他にいくつかの折りたたみデバイスに取り組んでいることが既に明らかにされており、次に発表される折りたたみデバイスはクラムシェル型になる可能性が高いと言われているが、Samsungは現在それとはまた異なるデバイスに取り組んでいるようだ。Samsungがタブレットサイズの折りたたみデバイスに関する特許を申請している。

Samsungのタブレットで折りたたみ、という事から「Galaxy Tab Fold」なんて呼ばれているが、実際の名称は現時点で不明。

だが、この特許を元にLet's Go Digitalがレンダリング画像を公開している。

折りたたみスマホより折りたたみタブレットの方が需要ありそうだよね、というのが個人的な気持ち。

申請された特許は水平に折りたたむことができるデバイス。折りたたみ時に表示できるセカンダリディスプレイは用意されていないようだ。

イメージとしては折りたたむことのできる「Galaxy Tab S6」だろうか。

最終的にどのようなデザイン、スペック、特徴を持ち合わせているのか、そもそもこのデバイスが登場するのかも含めて現時点では殆ど不明。Samsungが折りたたみタブレットを今後発売するのであれば、それに合わせて詳細なリーク情報を見ることになるのではないだろうか。

期待半分、冗談半分で今後の情報を待つことをおすすめする。何か分かり次第直ぐにお伝えする。

 

[source Let'sGoDigital] 
[via AndroidCommunity]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする