Samsungの新型スマホ「Galaxy S11」に関する情報が増えており、既に多くの情報が明らかにされ始めている。

これまでの情報から「Galaxy S11」には少なくとも3つのモデルが存在しており、ディスプレイとカメラ性能が大幅に強化されることが期待されている。

また、ディスプレイサイズが従来よりも大きくなることが以前伝えられたが、先日OnLeaksによって公開された「Galaxy S11」のレンダリング画像からもその信憑性は高くなった。「Galaxy S10+」は6.4インチのディスプレイを搭載していたが、その後継に当たる「Galaxy S11+」は6.9インチのディスプレイになると伝えられている。「S11」は6.7インチ。

さて、既にデザインも明らかにされ始めている「Galaxy S11」だが、現在「Galaxy S11」の5G対応モデルがGeekbench上より発見されていることが確認されている。

「Galaxy S11 5G」のベンチマークスコア - Exynos990や12GBメモリ

発見されたモデルは「SM-G986B」で、「Galaxy S11」の5G対応モデル。(S11の4G/LTEモデルはSM-G975?)

今回発見されたデバイスのGeekbenchスコアを見てみると、チップセットは「Exynos9830」と記載されているが、これは以前伝えた情報から「Exynos990」である可能性が高い。と言うより、「Exynos9830」=「Exynos990」である可能性が高い。

また、メモリも今回発見されたモデルは12GB搭載していることも確認できる。全てのモデルが12GBなのかどうかは現時点で不明だが、少なくとも12GBモデルが存在することは間違いないようだ。今回のモデルは5G対応版なので4G/LTEモデルに12GBモデルが存在するかどうかは現時点で不明であることには注意。

OSは当然「Android 10」で動作。

 

[source Geekbench] 
[via SamMobile]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする