Samsungは先月より「Galaxy S10」や「Galaxy Note10」を始めとするフラッグシップモデル向けに「Android 10」(OneUI 2.0)のベータプログラムを実施している。以前の情報によるとSamsungは韓国で「Galaxy S10」のベータプログラムを終了しており、近いうちに安定版アップデートがリリースされるのではないかと期待された。

しかし、つい先日浮上したSamsung China、Samsung Israelから流出したと思われる「Android 10」ロードマップによると、「Galaxy S10」は2020年1月ごろに安定版アップデートがリリースされると記載されていたため、近日中のリリースは難しいのかと思われたが、現在Samsungがドイツで「Galaxy S10」シリーズ向けに「Android 10」(OneUI 2.0)の安定版アップデートをリリースしている事が確認された。

12/2追記

現在、ベータプログラムには参加していない安定版「Android 9.0 Pie」で動作する「Galaxy S10」シリーズにも同様のアップデート内容が展開されていることが確認されている。但し、ベータプログラム参加者と異なる点として容量が約2GBと大きい。

そして、ドイツでのみ展開されていたこのアップデートが現在、イギリスの「Galaxy S10」ユーザーにも届けられていることが確認されている。

「Galaxy S10」向け「Android 10」安定版アップデートがリリース

 

このアップデートの展開が確認されているのは恐らくベータプログラムに参加したユーザー向けにリリースされたもの。そのためアップデートの容量が約140MBと非常にコンパクトだ。

ベータプログラムに参加していない殆どのユーザーが「Android 10」への安定版OSアップデートを受け取る際は、より大きな容量で提供される可能性が極めて高い。

また、アップデートには2019年12月のセキュリティパッチが含まれていることも確認されている。

アップデートのビルド番号は各モデル、地域によって若干異なるものの以下のようになる。(キャリア版は除く)

*部分が地域によって異なる。多くの場合「F」や「0」。その他「U」や「U1」等々。

  • Galaxy S10e:G970*XXU3BSKO
  • Galaxy S10:G973*XXU3BSKO
  • Galaxy S10+:G975*XXU3BSKO

 

【12/5追記】展開地域

  • ドイツ
  • パナマ
  • 韓国
  • スペイン
  • インド
  • ポーランド
  • フランス
  • United Kingdom(イギリス)
  • アラブ首長国連邦
  • ベトナム
  • 北ヨーロッパ
  • ブラジル
  • メキシコ
  • イスラエル
  • タイ
  • アルゼンチン
  • コロンビア
  • ペルー
  • 台湾
  • オランダ

 

[source GalaxyClub]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする