2019年は一部地域で次世代ネットワーク通信の「5G通信」の運用が開始されている。現在5G通信が爆発的に普及し始めているのが韓国と少し遅れてアメリカ。イギリスでも運用自体は始まっているが、印象としてはこれからといったところ。

日本の5G通信の運用開始は2020年を予定しており、東京オリンピック前に運用開始に向けて技術者達が日々努力しているものと思われる。

さて、韓国メディアのThe Korea TimesがSamsungの関係者から引用した情報によると、Samsungは日本の大手通信事業者の「KDDI」と5Gネットワーク機器を供給する契約を結んだと伝えている。具体的な金額や内容は不明。

とは言え、KDDIとSamsungは以前より5Gネットワーク機器に関するテストを重ねていることや、日本ではHuawei機器を使用することを禁じているため、今回の契約に関するニュースは特に驚くべき内容ではない。

KDDIの5Gインフラ構築を手伝うのはSamsungだけでなく、エリクソンやノキアとも連携して今後5年間で完了する契約になるとのこと。

2020年の日本はなんと行っても東京オリンピックが控えており、この一大イベントまでに5G運用開始に向けて大きく動いている。また、今回KDDIと契約を結んだSamsungは2020年までに世界中のネットワーク機器市場で20%のシェアを格闘することを目指しているため、今回のKDDIとの契約は目標に一歩近づくことになるはずだ。

日本で本格的に5G通信が活躍し始めるのはもう少し時間がかかると思われるが、少しでも早くに5G通信の威力を目のあたりにできる日を楽しみに待ちたいと思う。

 

[via SamMobile]

Wonder-Xの最新情報をチェックする