Googleが9月初旬に公開したスマホ向け最新OS「Android 10」。既に同社のスマホ「Pixel」デバイス向けには「Android 10」へのOSアップデートがリリースされており、様々なOEMがこの最新OSに対応するために日々作業を続けている。

先日はOnePlusが「OnePlus 7」及び「OnePlus 7 Pro」向けに「Android 10」で動作する「OxygenOS 10.0」の安定版アップデートをリリースしたことで、話題になった。

さて、様々なOEMによって最新OSに対応するメジャーアップデートのリリース時期は異なるが、Samsungが今後の「Android OS」アップデートに対応するためのベータプログラムを開始するのは例年この時期だ。

SamMobileが独占的に伝えた情報によると、Samsungは今年も安定版OSアップデートをリリースする前にベータプログラムを実施する予定で、現在「Galaxy Note10」及び「Galaxy S10」向けに「Samsung Android 10」ベータプログラムの実施を予定しているという。

「Galaxy Note10/S10」向けに開催される「Android 10」ベータプログラム

SamMobileが信頼する情報源から得た情報によるとSamsungは今月末に「Android 10」のベータプログラムを発表する予定だという。既に9月23日、もう間もなくだ。

「Galaxy Note10」シリーズと「Galaxy S10」シリーズ向けに開催される予定の「Samsung Android 10」ベータプログラムは10月にアメリカとヨーロッパの一部地域で展開される予定とのこと。

昨年Samsungは「Galaxy S9」向けに「Android 9.0 Pie」(One UI)のベータプログラムを11月に行った。その後11月下旬に「Galaxy Note9」向けに提供を開始している。

そのため、「Galaxy Note10」向けにも「Android 10」ベータアップデートは用意されている可能性が高い。更に言えば、Samsungは「Galaxy S8」と「Galaxy Note8」にも「Android 9.0 Pie」のベータプログラムを提供しているため、今年も「Galaxy S9」までは提供される可能性がある。

Samsungは通常2つのOSアップデートをフラッグシップモデルに提供するため、例年通りであればそもそも「Galaxy S8」は対象にならない。(Galayx S8は発売時点でAndroid 7.0を搭載・現在9.0)

昨年は11月に開催されたベータプログラムだが、昨年の12月24日に「Galaxy S9」向けに安定版アップデートを提供している。そのため、早ければ1ヶ月半ほどで安定版アップデートが提供される可能性があるだろう。とは言え、これはあくまでも推測。実際とは異なる可能性があるため、参考程度にとどめておくことをおすすめする。

例年通りであれば日本はベータプログラムの対象地域に含まれないため、安定版アップデートが提供されるまで首を長くして待つ必要があるが、最新情報が伝えられたら直ぐにお伝えしたいと思う。

 

[source SamMobile]

 

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする